こんばんは!石垣島サポートメンバーの後藤です!

ブートキャンプもめでたく島根県に開校の進みとなりました。

そんな島根県のことを書こうと思います。

 

まず、島根県ってどこ!?

広島県の上です。日本海に面してます笑

「ああ、砂丘のあるところね」ってそこ鳥取です!気をつけて!

 

有名なのは出雲大社ですね。あのでっかいしめ縄の神社です。

DSC2240-1800x1202

特産は「赤てん」魚のすり身に唐辛子を練り込んだものです。

そして「死神」!一応お酒の名前です。

赤点に死神とは縁起が悪いですね笑

このあたりが島根県のなんとなくマイナーな部分なんでしょう。

いまでは人口も少なっており、UIターンを募集するサイトがあるくらいです。

くらしまねっと

しかし、島根県には最近できた面白い特徴があるのです。

まつもとゆきひろさんを知っていますか?

知る人ぞ知る、プログラム言語Rubyの開発者です

2012年にまつもとさんのチームによる開発が完了したあと、島根県では大きなきっかけになったのです。

 

そこから、「島根県産業振興課&Rubyプログラミング少年団」主催の

「小中学生Ruby教室」が始まります。

小学生にプログラム言語!すごい組み合わせです。実際はどうなんでしょうか?

参加者の小学生は「難しかったけれど、思う通りにゲームが作れて楽しかった。」とのこと。

天才ではないでしょうかこの子は。

きっと教える人も良い人だったのでしょう。

 

僕も0からwordpressを勉強したものとして(今も勉強中ですが)

トライしてみたいものです。

ruby-logo-R

つまるところ、IT産業を務めて高めていきたい思惑が島根県にはあるのです。

この時期、ブートキャンプの開校が決まるとは、なかなか運命も面白いものです。

神様も死神も赤点もある国、島根県。

これからもどんどん面白くなっていくといいですね!