Photoshopで写真に使われている配色を抽出する方法をご紹介します。

Photoshop CC 2015で操作しています。

 

 

写真に使われている任意の色を抽出するには、「スポイトツール」を使います。

 

スポイトツールの使い方

 

配色を抽出したい写真を開きます。

IMG_1811

 

 

ツールパネルより「スポイトツール」を選択します。

(スポイトのアイコンです)

スクリーンショット 2016-05-30 20.08.24

 

 

カーソルがスポイトの形に変わりますので、配色を抽出したい箇所にスポイトをポイントします。

空の部分にポイントしてみます。

スクリーンショット 2016-05-30 20.34.06

 

すると、ポイントした箇所を中心として、一瞬大きな円が現れます!

なお、上の半円のブルーは、先ほどスポイトツールでポイントした箇所で、下の半円は、元々設定されていた描画色です。Photoshopでは、初期設定で描画色はブラック、背景色はホワイトになっています。

 

 

さて、ツールパネルを見てみましょう。

スクリーンショット 2016-05-30 20.54.48

 

お分かりだろうか。。。

描画色が空色に変わっていることを。。。

 

 

さて、カラーパネルを確認してみましょう。

カラーパネルが表示されていない場合、〔ウィンドウ〕メニューから「カラー」で表示させます。

スクリーンショット 2016-05-30 21.00.49

抽出した配色によるカラー値の詳細を確認することができます。

 

 

スクリーンショット 2016-05-30 21.00.59

なお、カラーパネルのタブグループには、複数のカラーモデルメニューがあります。

 

 

 

スポイトツールを使って、「画面外」から配色を抽出する方法

続いては、Photoshopのスポイトツールを持ったまま、外に飛び出して、欲しい配色をPhotoshopに引っ張ってきてしまいましょう!

 

方法は簡単です。

 

スポイトツールを選択した状態で、photoshopの画面内で一回クリックしたあと、欲しい画面のところまでドラッグするだけです。

スクリーンショット 2016-05-30 21.34.22

 

 

すると?

 

 

スクリーンショット 2016-05-30 21.35.25

スポイトツールが目的のピンク色を抽出して、描画色の設定が変わりました!

 

 


まとめ

Photoshopで好きな色を抽出するには、スポイトツールを使う!


 

 

いかがでしたか?

Photoshopではスポイトツールはよく使うツールです。どうぞ有効活用してくださいね♪