今回は wordpress の投稿記事を epub変換することのできるプラグイン、
PriPreプラグインについての解説になります。

まず、ダッシュボードから、
プラグイン > 新規追加で PriPre で検索し、インストールします。

Screenshot from 2016-08-28 18:52:43

インストールしたら忘れずに有効化しましょう。
Screenshot from 2016-08-28 18:57:06

次にカテゴリーごとに本にすることができるので、設定をしていきます。

ダッシュボードから PriPre > 出版ツールをクリックし、
本にしたいカテゴリーを選び、本にするをクリックします。

Screenshot from 2016-08-28 18:59:25

次に本の設定をしていきます。
本のサイズやカラー、モノクロを選び設定していきます。
なお、本のサイズはスマホ対象にしたり、タブレットなどを対象にするかにより大きさを変えることをおすすめします。

Screenshot from 2016-08-28 19:02:46

今回はデフォルトの大きさで設定しました。

そこから下へスクロールすると作成した記事が古い順に並べて表示されます。
なお順番はドラッグ&ドロップで並び替えることができます。

順番を確認したら、EPUB をダウンロードをクリックすれば epubファイルとしてダウンロードできます。

なお、目次を作成したい場合には、目次生成をクリックします。

Screenshot from 2016-08-28 19:14:11

クリックすると、HTMLコードが生成されるので、これを新規投稿で目次のための投稿を作成し、
コードを貼り付けることで目次の生成ができます。

Screenshot from 2016-08-28 19:12:36

Screenshot from 2016-08-28 19:13:12

Screenshot from 2016-08-28 19:12:54

このように、記事をカテゴリごとに書き溜めておき、後々電子書籍で出版することが可能になります。

それでは、今回の要点をまとめてみましょう。
・PriPreプラグインを使うことで、投稿記事をepub に変換することができる。
・モノクロ、カラーの設定や、書籍のサイズの設定もできる。
・カテゴリごとに作成できるので、記事を書き溜めておいて、あとで変換することも可能。
・順番はドラッグ&ドロップで設定でき、目次もボタン1つで設定が可能。