BLOG

【Photoshop】パターンオーバーレイで簡単にドット柄を作る

2022年6月9日

こんにちは。インターン生の瀬尾です!

ブログのサムネイルをPhotoshopを使ってデザインしているのですが、その中で最近パターンオーバーレイの使い方を覚えて、よく使うようになりました。そこで、備忘録も兼ねて今回はパターンオーバーレイについて、解説していこうと思います。

パターンオーバーレイの使い方

パターンオーバーレイとは、ドット柄やストライプ柄などをはじめとする、様々なパターン柄を作成する、Photoshopのテクニックの一つです。
まずは、パターンオーバーレイを使ってパターン柄を作る手順を解説します。今回は例として、ドット柄を作っていきましょう!

パターンを定義する

パターン柄を作るためには、その元素材となるパターンを作って、定義しておくことが必要になります。

まず、100px × 100pxの正方形キャンパスをつくり、そのキャンパスの真ん中に丸を作ります。この柄が並んでいくので、並べた際に違和感がないように、特に継ぎ目の部分には注意しながら作っていきましょう。

ちなみに、パターンの背景は透明にしておくことをおすすめします。背景色が付いていると、後々色を変更するのが難しくなってしまいます。

定義したいパターンが完成したら、画面左上の【編集】→【パターンを定義】をクリックします。

そして、パターン名を入力すれば、パターンの定義完了です。

パターン名は何でも大丈夫ですが、後々その名前を見てどのパターンか判断するので、分かりやすい名前をつけておきましょう。

パターン柄を作る

ここからは、実際にパターン柄を作っていきましょう。
まずは、パターン柄を適用するオブジェクトを、【長方形ツール】や【楕円形ツール】を用いて作成します。この時に、塗と線はなしにしておきましょう。

レイヤーパネルの下部にある【レイヤースタイルを追加】から【パターンオーバーレイ】を選択します。

すると、パターンオーバーレイのダイアログ画面が開くので、ここでパターンの設定をしていきます。
まずは、パターンをクリックし、どのパターンを使うかを選択します。今回は、先程作ったドット柄のパターンを選択します。
その後、角度や比率を使って、パターンの配置角度や大きさを設定します。

設定後、右上の【OK】をクリックすると完成です。

パターンの色を変更する

パターンオーバーレイを利用して作ってパターン柄はそのままでは、色の変更ができません。そこで、そのレイヤーをスマートオブジェクトに変換します。
スマートオブジェクトに変更すると、あとからパターンオーバーレイの設定を変更することはできないので、その点は注意が必要です。

次に、スマートオブジェクトに変換したレイヤーに対して【カラーオーバーレイ】または【グラデーションオーバーレイ】を適用します。

今回は例として、【カラーオーバーレイ】を使用します。

カラーオーバーレイのダイアログ画面から、変更したい色を設定することで、パターン柄の色を変更することができます。

まとめ

今回はPhotoshopのパターンオーバーレイを使ったパターン柄の作成について解説しました!

今回はオーソドックスなドット柄を例として取り扱いましたが、他にもストライプ柄や格子柄など様々なパターン柄があります!パターン柄は色んな場面で使えるので、ぜひこの機会に作り方を覚えてしまいましょう😊

Cajonでは自社の事業開発において、このような視点を持ってより良い体験やサービスを作っています。
また、自社の事業を一緒により良いものにしていく仲間を大募集しています。少し変わった個が集まった楽しいチームですので、ぜひお気軽に声をかけてください😊

詳しくはこちら

Page Top