在宅ワーク知恵袋

「クラウドソーシングで仕事をゲットしたい!」を実現した秘密


クラウドソーシングで仕事をしてみようと運営サイトに登録するとき「何を書けばいいのだろう」と悩むことが多いのではないでしょうか。私もそうでした。特に、スキル面については自信を持って書けるものがなかったんです。そんな私が、高評価をいただき、仕事を受注でき、スカウトも来るようになったコツをご紹介します。

登録のときに行った2つのこと

まず、利用するにはクラウドソーシングの運営サイトに登録が必要です。私の場合は、クラウドワークスに登録をしました。

 

ここで、クラウドワークスの評価について少しご説明します。仕事の受注に大きく影響するのは、「何ができるのかをクライアント様が分かるようにすること。」そして、「実績の評価」です。登録の際には、この2つのことを詳しく記載することがコツと言えます。

 

「何ができるのか」は、具体的には、WordやExcel、そしてPhotoshopなどをどの程度使用できるかです。資格試験に合格しているのであれば、記載することでクライアント様からの依頼もきやすくなります。また、資格がない場合でも、どの程度の作業ができるのかを具体的に記載すれば大丈夫です。

 

実績の評価については、クラウドワークスでは仕事を受注すると、クライアント様と受注者がお互いを評価するシステムになっています。仕事を実際行わなかったとしても、交渉の際の対応がよければ「ありがとう」をクリックすることで感謝を伝えられる仕組みです。

 

仕事の納品が完了した際は、お互いコミュニケーションや仕事などの対応や内容を5段階で評価します。また、納品したお仕事の承認率も表示されるます。

 

評価や承認率により受注できるお仕事の制限があるものもありますので、評価や承認率を上げることは重要です。

プロフィールで書けるスキルがないときは?

記載する項目はたくさんありますが、「特に資格も持っていないし…。」と自信をなくす必要はありません。

 

私のように、資格は持っていなくても実際にソフトを使えたりブログを書いていたりと、できることがある人は多いのではないでしょうか。

 

私が登録をする際に行ったことが2つあります。

 

1つ目は、信頼度を上げるために本人確認の手続きをしました。直接お会いしない分、「本当に仕事をしてくれるのか」というクライアント様の不安を無くすためです。逆に、お仕事を選ぶときも、クライアント様の本人確認が済んでいるかどうかは確認するようにしています。

 

2つ目は、自己PRです。資格を持っていない分、自分ができることや、クラウドソーシングで実現したいことなどを具体的に記載しました。

 

その結果、声を掛けてくださるクライアント様や、私から申し込んだお仕事のクライアント様は、協力的な方が多く仕事をしやすい環境ができています。

学歴や職歴は関係ない!

パートやアルバイトで一番苦戦するのが、履歴書の書き方ではないでしょうか。特に、学歴や職歴はあまり書きたくないという方もいらっしゃるかもしれません。私も学歴や職歴を書くのは気が引けます。

 

しかし、クラウドソーシングでお仕事をする場合、履歴書を書く必要はないんです。その代わり、スキルや自己PRを記載します。

 

ただ、経歴については、今後受注したいお仕事にプラスになるのであれば、任意で記載できます。あくまでも、任意ですので、書きたくなければ書かなくて大丈夫です。

 

評価は、実績が重視されます。

 

つまり、今までの学歴や職歴のことを気にして、仕事ができないと自信を無くす必要はないということです。

 

今できること、そして、これからスキルアップすることで、挑戦してみたい仕事にもチャレンジできる機会があります。

 

過去にとらわれずに、今まで挑戦したことがない分野のお仕事も、今までの経験を活かしてさらにレベルアップしてお仕事をすることも、自分次第です。

まとめ

仕事を始めるために必要だった履歴書がいらないクラウドソーシングは、仕事をしやすい環境が広がっています。その反面、プロフィールを充実させ、いかにクライアント様にアピールできるかどうかがポイントです。

 

自分のことをアピールすることは、初めは恥ずかしいと躊躇するかもしれません。しかし、自分に合った働き方を実現できやすい環境を掴むためにも、恥ずかしがらずに自己アピールをしてみてください。

 

少しの勇気で協力しあえるクライアント様との出会いが待っています。

 


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ