在宅ワーク知恵袋

「集客に自信がない。」できない本当の理由のヒントでわかったこと


フリーランスで仕事をするようになり、1番悩むことは「どうやって集客したらいいのか?」。「◯◯できます」と発信するまでに、まだまだ勇気も時間もいることを多く感じます。今回は、「いろんな不安から抜け出し集客するために必要なことは何か?」のヒントをくれたブログをご紹介します。

今の仕事を選んだ理由

私が在宅ワーカーになり、ライティングの仕事をはじめた理由は、子育てブログを書いていたこともあり、「文章なら書ける」という自信があったから。

しかし、趣味と仕事は違い、クラウドソーシングサイトのライティングの案件は、駆け出しのライターにとって報酬が低いものばかり。

「このままでは生活できなくなる」と考え、webデザインやWordPressの仕事ができるようにと通信講座を受講しました。

現在は、ライティングやWordPressのテキストや写真の差替えなどを行なっています。ただ、「まだ自信がない」ということもあり、クライアントの方に頼りっきりになっていたり、集客に自信がなかったり。

どうして自信がないんだろう?

と考えていたときに偶然目にしたのが本田晃一さんのブログでタイトルが『集客が怖いです。』でした。

集客できるために必要なこと

本田さんのブログを読んでいて気付かされた3つのことがあります。

それは、

  1. お客様は追い回すのではなく引き寄せる
  2. お客様を引き寄せるにシフトするときに不安を感じる
  3. そもそもその仕事をしたい理由を繰り返し自分に問いかけることで、愛情を発見できる

です。

そして、ブログを読み進めると、自分が好きなことであれば「伝えたい」という気持ちが溢れ出てくるということも教えられました。

そこで、もう一度私がライティングやwebデザインなどを仕事にした理由を考えてみました。

考えて気づいた理由は、

webサイトを見たり記事を読むことで、心を動かされる瞬間が好きなこと。

だから、私も自分の想いをなかなか形にできない方のお手伝いをしたいからです。

「そもそも」と自分にじっくり問いかけがことで、想いが伝わってくるwebサイトや文章を見るのが好きだから、今の仕事を選んだと気づけました。

もっと好きがあふれ出すように

ライティングやwebサイト以外のお仕事で、最近は、リーフレットやチラシ作成も行なっています。

クライアントの方と一緒にじっくりお話をしながら作ることは、クライアントの方がひとりで作るよりも、クライアントの方が伝えたいことや、実現したいことを再認識できると感じています。

そして、私もクライアントの方の強い想いに共感できるからこそ、時間がかかっても作り上げたいと考えています。

ライティングやwebサイトの仕事をはじめたきっかけは、そのときに自分ができることでした。しかし、本当は想いを形にできるライティングやwebサイトの仕事が好きなんだと気づけました。

もっと自分の好きを仕事にするために、クライアントの方の想いを形にするお手伝いができるようにしたいです。

あなたも、今の仕事をしている理由を考えてみてください。考えることで自分の好きなことに気付かされ、集客の捉え方が変わると思います。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ