在宅ワーク知恵袋

「ITで○○を簡単に」は大人だけ?必要な子供たちもいるんです!


「ITで○○を簡単に」の「○○」には、大人の場合「仕事」が入ることが多いかもしれません。しかし、必要なのは大人だけではないのです。今回は、「ITで○○を簡単に」した子供たちのことについてご紹介します。「子供のときからITって必要なの?」と思われている方には、参考になると思います。

2020年から小学校で必須化

ITと言えば、タブレットやパソコンなどが思い浮かぶのではないでしょうか。そして、小学校は2020年からプログラミング教育が必須化されます。

プログラミングを学ぶ目的は以下のとおり文科省の公式サイトで公開されています。

○ プログラミング教育とは、子供たちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての「プログラミング的思考」などを育むことであり、コーディングを覚えることが目的ではない。

出典:小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ):文部科学省

どうしても、大人からの視点だと仕事ができるようになるために技術を身に付けることに目がいきがちです。しかし、本来の意味は「プログラミング的思考」を学ぶことが大切ということです。

ITでできることが増える子供たち

しかし、ITの役割はそれだけではありません。学ぶことや生活において、ITを使うことで学習も生活の質も変わる子供たちがいます。

みんなと同じ方法や同じ場所だから学べない子供たちも、ITを使えば学べます。そして、生活していくために必要なスキルをITで補うことができれば、自立して生活できることが増えるのです。

現在、全国で協力校を募り小学校から大学までの対象児童が、ITを使って学べるプロジェクトがあります。これが「魔法のプロジェクト」です。

このプロジェクトの素晴らしいところは、子供たちを囲む、学校、保護者そして、専門機関である東京大学先端科学技術研究センターとソフトバンクグループが連携して学びを支えていることです。

2018年1月20日土曜日に、今年度の魔法のプロジェクト報告会が実施されます。私の子供たちはプロジェクトの対象児童でしたが、周囲の方も驚くほどの成長ぶりです。

すでに資料が公開されていますが、たくさんの成長している子供たちの様子を知ることができます。

まずは知ってみませんか?

ITの力は多くの人にとって、「あると便利なもの」です。しかし、学習や生活、そして仕事をする上で困り感のある人にとっては、「必要な道具」なのです。

私は、在宅ワークを始めて、あらためてITの力を日々感じています。もしもITがなかったら、仕事をすることはできず、今のように立ち直ることはできなかったでしょう。そして、私の子供たちも、自分にあった学びを体験でき、生活面のスキルも向上できませんでした。

「子供のときからITなんて必要なの?」と思っていたら、魔法のプロジェクトのことを知ってみてください。きっと、ITへの捉え方が変わると思います。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ