在宅ワーク知恵袋

デジタル教科書の使用が閣議決定!子供達の学びへの影響とは?


2018年2月23日に、学校の教科書について改正があったことをご存知ですか?2020年の新学習指導要領に向けて、デジタル教科書が正式な教科書として認められることになりました。今回は、デジタル教科書がどういう風に導入されるのかをお伝えします。腰痛で悩んでいる小学生にも、デジタル教科書は救世主となるのでしょうか?

紙の教科書は使用義務があるの?

今回、デジタル教科書の使用が認められることになったことの説明が、文部科学省のホームページやニュースに掲載がありました。

こちらを読んで初めて知ったことがあります。

まず、紙の教科書は使用義務があること。そして、デジタルの教科書は今まで認められていなかったことです。

タブレットでの授業が導入されている地域もあり、2020年には小学校でプログラミング授業もスタートします。

今回の文部科学省からの説明に以下の文章があります。

『小学校、中学校、高等学校等において、検定済教科書※の内容を電磁的に記録した「デジタル教科書」がある場合には、教育課程の一部において、教科書の使用義務に関わらず、通常の紙の教科書に代えて「デジタル教科書」を使用できることとする。』

引用元:学校教育法の一部を改正する法律案(概要)

参考:学校教育法の一部を改正する法律案:文部科学省

全部ではなく『一部において』と書かれているのは、今までと比べれば大進歩です。

著作権など、いろんな決まりがある中でこういった動きが出始めていることは、教育において少しずつ変えようとしているのだということが分かりました。

個人的には、一部においてではなく、子供が選択できるようになればいいのにと思いました。

デジタル教科書で学べるようになる子供達

次に、以下のうような説明があります。

『小学校、中学校、高等学校等において、検定済教科書※の内容を電磁的に記録した「デジタル教科書」がある場合には、教育課程の一部において、教科書の使用義務に関わらず、通常の紙の教科書に代えて「デジタル教科書」を使用できることとする。』

引用元:学校教育法の一部を改正する法律案(概要)

参考:学校教育法の一部を改正する法律案:文部科学省

国が認めてくれたことは、見た目では分からない発達障害の子供たちにとって、学習手段の広がりを認めてもらえたことになります。

では、今の学校での学びはどうなっているのかというと、デイジーAccessReadingといったデジタル対応したものはあります。

しかし、学校や保護者から申請する手続きになっており、実際に使えるようになるまで時間もかかります。また、学校自体にタブレット等の機器の導入がない場合、持ち込みや設備環境などの交渉が必要です。

そのため、導入が決まるまでたくさんの時間と労力がかかり、子供が利用したいときに利用できないこともあります。

国が認めたことは、たくさんの時間と労力が軽減され、子供達の学びが保証される、とても大きな出来事なのです。

子供の心と体の健康のために

文部科学省からの文章では、いつでもデジタル教科書を使えるのかは、少し気になるところです。

常時利用するには「診断」が基準になってくると考えられます。しかし、デジタル教科書を普通に使えるようになれば、「診断」という境界線がなくても救われる子供達が出てくることになるでしょう。

また、「デジタル教科書は併用」という書き方ですので、紙の教科書も配られると考えられます。

最近では、教科書の重さで腰痛になる小学生もいるとニュースになるほどです。できれば、デジタル教科書がメインになり、子供達の重荷が、精神的にも肉体的にも減って欲しいと願っています。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ