在宅ワーク知恵袋

パソコンが苦手でも在宅ワークがしたい!簡単で役立つスキルとは?


「空いている時間に仕事はしたいけど、パソコンが苦手だから在宅ワークは無理かな。」と感じている方はいませんか?しかし、パソコンを使えるとできる仕事が増えるので、挑戦したい方もいらっしゃるでしょう。では、パソコンが苦手な方がパソコンを気軽に仕事に使えるようになるために、簡単にもかかわらず1番役に立つスキルをご紹介します。

在宅ワークを始められない理由

パソコンが苦手な人にとって、在宅ワークをパソコンでとは考えにくいかもしれません。

私もパソコンが大の苦手でした。理由は、いくつかあるのですが、パソコンが苦手と感じていた大きな理由は、「何か表示されるたびにどう対応していいのかわからなかったから」です。

私がパソコンを使い始めた頃、印刷したいものがあっても、印刷画面をどうやって表示したらいいのかすらわかりませんでした。

もし、当時の私と同じようにパソコンが苦手な場合、仕事にパソコンを使うというのはとても難しく感じるかもしれません。

しかし、使い慣れていくとこれほど便利なものはなく、少し使えるようになるだけで、できる仕事も増えるのです。

在宅ワークで役立つ簡単なスキル

パソコンが苦手でも、身につけると役に立つ簡単なスキルがあれば、パソコンへの苦手さも少しずつ減ってくるのではないでしょうか。

そこで、まずは身に付けたい基礎的でありながら一番役に立つ簡単なスキルがあるのですが、なんだと思いますか?

それは、タイピングです。

タイピングが役立つ理由は、データ作成や文章を入力する際、タイピングの速さは仕事の作業量に大きく影響します。

特に、誰でも取り掛かりやすいデータ案件は単価は安いものの、タイピングが速ければ速いほど、時給換算した報酬は確実に高くなるのです。

また、タイピングに合わせて身に付けたいもう1つのスキルが、ショートカットキー。

印刷や保存など、マウスを使って動かす方法もありますが、ショートカットキーを使えることで作業時間の短縮に繋がります。

簡単な仕事から始めるために

空いている時間に仕事をしたいと在宅ワークを考えたとき、パソコンが使えることでできる仕事は広がります。

パソコンが苦手な場合、触ることさえ躊躇してしまうかもしれません。しかし、少しずつ触ることでパソコンの操作やトラブルの対象法を身に付けられるのです。

在宅ワークに限らず、パソコンを使えるとさまざまな仕事で役に立ちますから、まずは簡単で基礎的なタイピングスキルをから習得してみてください。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ