在宅ワーク知恵袋

パソコンを使って確定申告!できるところからやってみよう。


せっかくパソコンを使って在宅ワークをしているなら、できるだけ確定申告もパソコンで挑戦してみたいですよね。しかし、「何をどうしたらいいのか分からない」と税金は難しいと感じ、躊躇してしまっているかもしれません。そんな方に、簡単な流れとパソコンでできる方法をご紹介します。

確定申告はパソコンでできるの?

Photo by Alejandro Escamilla on Unsplash

確定申告をするのはいいのですが、せっかくならパソコンで作成したいという方もいらっしゃるでしょう。

確定申告は、『e-Tax』を利用することでパソコンで作成し、電子データで送信できます。これを利用できれば、自宅にいながら簡単に手続きができるのでとても便利です。

また、『e-Tax』は、申告書のデータ送信だけではなく、申請書や届出書、そして納税もできるシステムです。

また、『e-Tax』を利用すると、他にも3つのメリットがあります。

1添付書類の提出が省略できます!
2還付金がある場合は、書類で提出するよりも速く還付の手続きが行われます。
3確定申告期間は、24時間提出の受付が行われています。

特に、マイナンバーが始まって、書類での提出の際は、マイナンバーカードまたは本人確認書類の写しを添付しなければいけなくなりました。

しかし、『e-Tax』を利用すると、本人確認は電子証明書で行っていますので、送付がいりません。

参考:マイナンバー(個人番号)を記載した申告書や法定調書などをe-Taxで送信する際の本人確認書類は、どのように提出するのでしょうか。

まずは手続きを説明します!

では、『e-Tax』を利用するための手続きの流れはどうなっているのでしょうか?

出典:【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

流れとしては

  1. 利用環境の確認
  2. 本人確認のためのマイナンバーカードを取得
  3. 開始届出書の提出
  4. 利用者識別番号の取得
  5. ICカードリーダライタを準備
  6. 必要なセットアップ

になっています。

『e-Tax』の流れやパソコンの動作環境の確認は、Webサイトに説明がありますので、順番にやってみましょう。

動作環境や操作方法が分からない場合は、サポートセンターがあります。気になる方は、上記出典のWebサイトを確認してみてください。

心配な方はここから挑戦してみよう

『e-Tax』のメリットや利用までの流れを説明しました。

しかし、マイナンバーカードを取得していなかったり、ICカードリーダライタの購入までは考えられなかったり、1年に1度のために準備が多いと感じられるかもしれません。

例えば、事業が拡大し、定期的に申請や納税などが必要であれば、毎回書類で提出する方が時間がかかってしまいます。その場合は、『e-Tax』の利用は作業効率も良く、手続きもスムーズに済むでしょう。

 

では、せめて確定申告書の作成だけでもパソコンでできないのでしょうか?

答えは、できます。

出典:【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

国税庁のWebサイトに、『確定申告書作成コーナー』があります。

こちらで、必要なデータを順番に入力していくことで、簡単に作成できます。医療費控除の合計もできるシステムがありますから、自分で最初から表などを作るよりも簡単にできます。

他の作成方法としては、クラウド会計ソフトの中に確定申告書まで作成できるソフトもあります。

しかし、『e-Tax』の利用はしていないため、残念ながら電子データでは送信できません。

提出方法は、作成したデータをプリントして税務署へ直接持っていくか、郵送になります。郵送の場合、少しの郵便代で済むと考えれば、手軽に取り組みやすいと言えるでしょう。

 

お子さんがいらっしゃる方は、確定申告書の控えが必要な場合がありますから、必ず控えに受付印を押印してもらってください。後日、控えだけ持って行って受付印を押印してもらうことはできませんから、注意しましょう。

郵送で提出する際は、控えと返信用封筒も一緒に同封すれば、受付印を押印して送り返してもらえます。

まとめ

在宅ワーカーの場合、年に1度は確定申告が必要ですから、できればパソコンで済ませてしまいたいものです。

『e-Tax』を始める前には、必要なものや自分の使っているパソコンが利用できる環境かなど、確認が必要になります。

『e-Tax』の利用が少しハードルが高く感じるのであれば、確定申告書作成コーナーで確定申告書のデータを作成してみてください。そして、データを印刷して提出することで、まずは確定申告書を作成することに慣れていきましょう。

その後の状況によって、『e-Tax』を利用することを検討してみてはいかがでしょうか。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達の子育てをしながら、在宅で仕事をしています。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 フリーライターとして2016年9月から「ハートワードシェア」で開業し、本格的に活動中。『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ