在宅ワーク知恵袋

人気の在宅ワーク3選!未経験でも大丈夫。


みなさんは、『在宅ワーク』をしたことがありますか?

 

最近では、主婦の方や学生、フリーターなど、様々な方が家にいながらできる仕事として人気を集めています。

 

外に働きに行けない事情を抱えている方も多い昨今、新しいタイプの働き方と言えるでしょう。

 

在宅ワークをするには、まずは仲介業者に登録をするのが一番の近道です。

 

あとは自分に合った仕事を探し、契約、受注します。

 

その中でも未経験でもできる人気の在宅ワークについて調べてみました。

 

 

ブログ等の記事作成

圧倒的に多いのがライティングの仕事でしょう。

 

ブログの記事作成や、リライト等、題材も多岐にわたります。

 

報酬は文字単価であったり、一記事あたりの報酬が決まっていたりと様々ですが、基本的には安価なので記事を大量生産する必要があります。

 

かなりの募集がありますので、自分に合ったクライアントを見つけることが重要でしょう。

 

本を読んだりして、ボキャブラリーを増やしていく事も必要になりますね。

 

慣れれば速く作成できるようになりますし、ライティングスキルも身についていきます。

 

 

シール貼り

おもちゃのシールや商品バーコードを貼る仕事です。

 

報酬は時給であったり、単価あたりの報酬であったり、やはり様々ですが、単価は1円が目安のクライアントが多いようです。

 

家に何百枚単位のシールとかなりの量の商品が届くことになるので、場所の確保が必要です。

 

まっすぐに貼る、ずれてはいけないなど細やかな作業になります。

 

ほんの隙間時間でも出来るため、多く請け負われています。

 

 

テープ起こし

インタビューや議事録のテープ起こしです。

 

一本あたり1時間から2時間程度のものが多いようです。

 

経験や、題材によっては専門用語が出てくるので知識も求められます。

 

受注できれば比較的報酬は高い方です。

 

こちらは正確性が求められます。

 

請け負った日から納品までが短いので、まとまった時間が取れる方にはおすすめと言えるでしょう。

 

 

まとめ

未経験で在宅ワークをするなら、上記のような仕事から始めるのが経験を積む意味でもいいと思います。

 

私も未経験での在宅ワークを経験した者の一人ですが、小さい子どもがいる中での在宅ワークは、いかに自由な時間を作るかにあると思います。

 

寝かしつけた後でさあ仕事、と思っても、泣いて起きてきてしまうのは日常のことですよね。

 

少しの時間でも集中して仕事をして、子どもの面倒を見て、の繰り返し。

 

自分のペースを早くつかめれば、上手に時間をやりくりできるようになります。

 

在宅ワークに興味があれば、まずは思い切ってはじめの一歩を踏み出すことが大事ですよ!

 


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ