在宅ワーク知恵袋

今さら聞けない!知っておきたいWordPressの基礎の基礎


WordPressは、言葉として聞いたことがある方や書籍を見たことがある方は多いかもしれません。しかし、WordPressは昔に比べて大きく進化しています。現在のWordPressの機能やできることについて、簡単にご紹介します。

WordPressって何?

そもそもWordPressがどういったものかご存知でしょうか。聞いたことはあっても、ブログ機能以外に使えることをご存知の方は少ないかもしれません。

 

WordPressは、初めはブログに特化したソフトウェアでした。無料で配布されていると言うこともあり、利用している方からたくさんの意見が集まりました。

 

その度に、開発者はソフトの改良を継続。たくさんの方の意見を取り入れ改良を重ねたことで、現在のブログだけではなく、インターネット上のサイトを作れるソフトウェアへと進化し続けたのです。

 

また、多言語に対応していることもあり、世界中にユーザーがいる人気のソフトウェアです。

具体的に何ができるの?

WordPressは、ブログのソフトウェアからサイト構築ができるソフトウェアとなっていますが、実際に何ができるのでしょうか。

 

「WordPressとは」と調べてみると、さまざまな解説が出てきます。その中で「CMS」という言葉を目にしたことがあるかもしれません。「CMS」についてご説明します。

  • C・・・コンテンツ
  • M・・・マネジメント
  • S・・・システム

という意味です。

 

コンテンツを管理するシステムということですが、WordPressを使うことで写真や文章などの情報(コンテンツ)を管理することができます。

 

また、情報(コンテンツ)の配信や公開も行うことができるのです。そして、現在は、サイト構築などもできる便利なソフトウェアです。

どうしてよく使われるの?

たくさんのソフトウェアがある中で、なぜWordPressなのでしょうか?

 

これには理由があります。

 

WordPressは、もともとブログのためのソフトウェアでしたので、特性上「時系列での表示」ができます。複数の記事を同じページに並べたり、個別の記事を表示したり、作成が可能です。ブログ記事以外にも、商品や講座など後から追加することができ、情報を蓄積することができます。

 

また、あまり変更の必要がない、固定で公開したい情報にも対応しています。例えば、「企業情報」や「特定商取引法に基づく表記」など、頻繁に更新をする必要のない情報です。

 

WordPressは、随時更新する情報を蓄積することや、常に公開していたい固定の情報も管理することができるため、サイト構築に重宝されています。

まとめ

WordPressについて、ブログのソフトウェアからサイト構築ができるようになった経緯や機能について、簡単にご紹介しました。

 

「WordPress 」と見聞きしていることもあり、今さら誰かに聞くことは躊躇してしまうかもしれません。しかし、WordPressの現在への進化を知ると、とても興味深いです。また、サイト構築に使われる理由も納得できます。

 

WordPressを勉強する際に、基礎から知るとより学びやすくなるのではないでしょうか。

 


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ