在宅ワーク知恵袋

任天堂から子供心をくすぐるキットが!ゲームと子供、どう付き合う?


今、予約しないと購入できないほど人気の「Nintendo Switch」。

TV画面で楽しむのはもちろん、携帯のように持ち歩いていつでもどこでもゲームができるとか、ゲームをおすそ分けして楽しむことができるなど、今までのゲームとは違った楽しみ方ができるのが特徴です。

我が家の長男も欲しい!とお年玉を貯め始めました。

 

ここまで変わった!ゲームの現在

そんな「Nintendo Switch」向けに、なにやら子供心をくすぐるものが発売されるようです。

任天堂は1月18日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」向けに、段ボール製の工作キット「Nintendo Labo」(ニンテンドー ラボ)を4月20日に発売すると発表した。段ボールのパーツを組み立て、Switchと連動した「Toy-Con」(トイコン)と呼ばれるコントローラーを作成して遊べる。
ピアノや釣り竿、バイク、ロボットなどを組み立て、Switchと合体させて遊ぶ。5種類のキットが入った「VARIETY KIT」(6980円、税別/以下同)と、ロボットを作る「ROBOT KIT」(7980円)の2種類を用意する。

ダンボール製の工作キット、ということで、もしかしたら夏休みの自由研究に選ぶ子供がいるかもしれませんね。

ただ作って楽しんで終わり、ということではなく、それがどうして動くようになっているのか、その仕組みに注目して研究していくなど、発展性が必要になってくるとは思いますが、子供にとってはそれを研究するのも楽しいでしょう。

最近では、小学生向けのプログラミング教室やサイエンス教室、ロボット教室など、私が子供の頃ならなかったような教室がどんどん出てきています。

日本の近い将来のエンジニア不足解消に役立つものになれるのでしょうか?

 

まとめ

最近の子供たちは、ゲームでも誰かとのつながりを求めているように感じます。

SNS同様、親の方もしっかりと危ない方向に行かないよう、使用にあたっては子供と約束を決めておく必要があるように感じます。

約束を決めたら、あとは親の方がブレずに子供を信じて見守るほかありません。

それでも何か困った事に巻き込まれた時には、そっと手を差し伸べてあげられるよう、こちらも強くありたいと思います。


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ