在宅ワーク知恵袋

在宅ワーカーだからこそ意識しよう!心と頭の切り替えにオススメです


在宅で仕事をしていると、一人で仕事をしている分行き詰まったときに、なかなか解決策を見出せないときってありませんか?私はよくあります。特に、初めてのお仕事になればなるほど、どうしていいのか分からず延々と悩んでしまうことも。今回は、一人で仕事をしているからこそ、心と頭の切り替えにオススメの方法をお伝えします。

在宅ワークだからこそ陥りやすいこと

在宅で仕事をしていると、時間と場所を自分で決められる分、一人で仕事をしているため、どうしても孤独になってしまいます。

クライアントの方に質問して直ぐにお返事があればいいのですが、お返事がないと「自分で何とかしなくちゃ」と頑張り過ぎて時間だけが過ぎていくことも。

また、仕事だけではなく家事や子育てもあれば、あっという間に1日が過ぎてしまい、気持ちが休まる時間もないでしょう。

こういったことが続くと、在宅ワークでの仕事は続かなくなってしまいます。

自分の時間を取っていますか?

自分の時間も取れなくなり、やらなければいけないことに追われてしまうと、いろんなことが辛くなってしまいます。

そんなときにオススメなのが、「自分の時間を意識して取ること」です。

「忙しいのに自分の時間なんて取っていたら、仕事も家のこともできない」と思われるかもしれません。しかし、自分の時間を取ることは、仕事も家のことも穏やかにできる効果があります。

自分の時間はスイッチになる

どんなに忙しくても、私は30分くらいは自分の時間を意識して取るようにしています。

私は過集中の傾向があるため、仕事を始めると「あともう少しでできそう。」と延々と続けてしまいがちです。これが続いてしまうと、体がダウンしてしまうだけではなく、いつもできる内容でも、なかなか対応できないことや、普段はできることができなくなることも出てきました。

そこで、意識して自分の時間を取るようにしました。すると、さっきまで分からなかったことが「あ!こういうことか。」と気付けたり、ブログの文章が浮かばないと思っていたら浮かんできたりするようになったのです。

また、自分の時間を取ることで、忙しくてもイライラすることも減っています。

まとめ

在宅で仕事をしているからこそ、いつでも自分の時間が取れそうな気がしていました。しかし、時間管理を全て自分で行えるからこそ、自分のことが後回しになってしまいます。

また、在宅ワーカーになったばかりであれば、なおさら「せっかくいただいた仕事だから」と無理をしてしまいがちです。

いい仕事をするためには、適度な休息は必要です。忙しいからこそ、意識して自分の時間を取ってみてはいかがでしょうか。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ