在宅ワーク知恵袋

在宅ワーカーに超おすすめ『本を読まない?』オンライン読書会体験レポート


突然ですが質問です。「自分の知識や経験を本にしたい」「誰かに自分のスキルを教えたい」と考えたことはありますか?私は、ぼんやりと「自分ができることを、何かの形にしたい」と考えていました。そんなとき、面白そうなオンライン読書会を発見!ということで、今回は、先日参加したオンライン読書会の体験談をご紹介します。

オンラインで本を読まない読書会?

今回ご紹介する体験談の『オンライン読書会』ですが、参加しようと思ったきっかけは、課題本のタイトルに惹かれたから。

その課題本は『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』エベン・ペーガン(ダイレクト出版)です。

読書会と聞くと「事前に本を読んで感想をシェアすること」と思っていませんか?

しかし、今回ご紹介するオンライン読書会は違います!

読書会の内容をお伝えする前に、主催者のクッキー隊長について、少しご紹介します。

クッキー隊長は、以前からリアルでもオンラインでも読書会を開催されていて、フェイスブックグループ「本が好き倶楽部」の主宰者です。このグループですが、なんと!20,000人のコミュニティグループなんです。

そんなスペシャリストのクッキー隊長の読書会は、『フェイスブックグループ内でワークを行うもの』

これが、私にとって最大の魅力でした。

なぜなら、外に出て講座を受けることは、環境的にも難しいからです。

しかし、今回参加した形式のオンライン読書会なら、自分のタイミングで参加でき、参加者からもヒントやアイディアをもらえて、一石二鳥、いや一石三鳥以上でした。

詳しいオンライン読書会のレポートは、クッキー隊長がnoteで公開されていますので、こちらを読んでみてください。

自分の知識が誰かの役に立つかも

実際にオンライン読書会に参加した感想ですが、自分の意識が180度変わりました。

参加する前の私は、「デジタル商品を出してみたい」という気持ちはあっても、「じゃあ、どんなものをデジタル商品にできるのか?」が全くわかっていない、ぼんやりとした状態。

しかし、ワークを進めていくうちに「あれ?私でも商品ができるのでは?」と思わされるほど、強力なワークなんです。

また、ひとりで進めるのではなく、フェイスブックグループに投稿するため、他の参加者の方の意見や感じていることも見えて、さらに刺激を受けました。

途中、お互いの質問にアドバイスをする項目もあり、自分では考えつかなかったヒントをたくさん得られました。

オンラインでもこれだけ参加者同士の距離感が縮まるということも驚きましたし、自分の変化の大きさにも驚いた時間でした。

オンラインの学びの場に参加してみませんか?

個人的に、決まった場所や時間に行きづらいために仕事を在宅にしています。そのため、学びとなると、さらにハードルが高くなっていました。

しかし、オンラインで学ぶ場は、場所を問わず学び合うことができ、とても刺激的で「ひとりで学ぶときと効果が全く違う」と感じました。

幸運なことに、私は知り合いの方がオンラインで読書会や週間計画など、学びの場を作るプロの方が多いので、迷わず参加できています。

みなさんも「信頼できて楽しそう」と思った方のオンライン講座に参加してみてはいかがでしょうか。きっと、リアルに負けないほどの楽しさと刺激のある学びの場を体験できると思います。

随時オンラインの学びの場に参加していますので、また体験レポートをお伝えします。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ