在宅ワーク知恵袋

在宅ワーカーも気になる経理処理。クラウド会計で簡単に解決!


在宅ワーカーとして活動を始めて気になるのが、日々の経理事務。経理事務の担当経験や簿記を勉強した経験がなければ、不安に感じるかもしれません。知識や経験がなくても、便利なソフトを利用することで、安心して経理事務ができます。

簿記が分からなくても安心な理由

いくら便利なソフトを使っても、基本的な簿記が分からないと悩んでいませんか?

 

クラウド会計のメリットは、簿記が分からなくても家計簿のような感覚で簡単に入力できます。また、青色申告に必要な複式簿記で帳簿が自動的に作成されるため、簡単で便利です。

他にも、銀行やクレジットカードの明細、そして請求書データなども自動的に読み込める機能もあります。

 

1人で多くのことをしなければいけない個人事業主にとっては、経理事務の軽減に繋がります。

会計ソフトを選ぶポイント

Cloud Computing and Nature Concept

経理処理をする際、手書きで帳簿をつけてもいいのですが、日々の仕事をしながらつけるのは面倒だと感じるかもしれません。また、経理事務経験がなく簿記も知らないとなると、手書きで帳簿をつけるのは難しいでしょう。

 

そんなときに便利なのが、会計ソフトです。以前は、パソコンにインストールするソフトばかりでした。しかし、現在はクラウドで利用できる会計ソフトが多数販売されています。

 

クラウド会計の最大のメリットは、IDとパスワードがあれば、どのパソコンからでもアクセスできることです。そのため、パソコンが故障したり、買い替えたりしても、ソフトのインストールや設定がいらないため、短時間で移行できます。

アプリがあるものが多いため、スマートフォンやタブレットからでも作業が可能です。

 

また、インストール型のものと違い、クラウドはバーションアップも随時行なっていますので、いつでも最新バージョンを使用できます。

私の場合の経理処理

私の場合は、やよいのオンラインシリーズを使用しています。仕訳が得意ではないので心配していましたが、「かんたん取引入力」という機能があるため、安心して入力できます。

やよいの青色申告 オンライン_弥生のクラウド確定申告ソフト|青色申告・確定申告ソフトなら弥生

 

また、最初は使い慣れるまで入力間違いもありました。やよいのオンラインシリーズだけではなく、他のクラウド会計もですが、メールやチャットで質問ができるようになっています。操作に困ったり分からないことがあれば、気軽に質問できることが安心して使える大きなポイントです。

 

他に便利だと感じたことは、他のソフトとの連携ができていることです。例えば、個人事業主に欠かせない経理事務といえば、見積書や納品書、そして請求書の作成でしょう。

 

やよい会計と連携ができている、請求書などの書類を作成できるクラウドのソフトがあります。連携ができているため、ソフトで作成した請求書のデータを、やよい会計に簡単に送れます。取り込みをすれば仕訳まで済み、時間と事務の軽減が可能です。

 

難しいと思っていた経理事務ですが、今は簡単に終えられています。

まとめ

個人事業主になると、どうしても避けてはとおれない経理事務。しかし、クラウドの会計ソフトや連携が取れている請求書などのソフトを利用することで、想像以上に事務の負担が軽くなり、気軽に対応できます。

ソフトによって、使える機能や使用料までそれぞれ特徴があります。調べてみて自分に合った会計ソフトを使って、仕事に集中できる環境を作りましょう。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ