在宅ワーク知恵袋

在宅ワーカー必見!税務署の相談窓口とおすすめの相談時期とは


年末になると気になるのが確定申告。在宅ワークで収入が入り出すと「どうやって確定申告をするんだろう」「経理処理って何をすればいいんだろう」と悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

 

相談機関は有料無料に関わらずありますが、収入が少ないときは、無料の相談窓口の方がいいでしょう。今回は、無料で相談できる税務署について、相談窓口やおすすめの相談時期についてご紹介します。

 

確定申告時期以外の方が相談しやすい

確定申告時期は、毎年2月16日から3月15日と決まっています。(土日により変更となる場合があります)

【参考】 申告と納税|税について調べる|国税庁

 

この期間が、「確定申告期間」です。また、納付する税金が出た場合は、納付する用紙で金融機関等で納付するか、金融機関の指定口座から引落しができるように手続きをします。

 

1か月という短い期間に、たくさんの方が確定申告の相談や申告書の提出を行います。そのため、会場で順番を待ったり相談したり、手続きが終わるまで、かなりの時間がかかってしまい大変です。

 

確定申告書の提出期間は2月16日から3月15日ですが、事前に帳簿のつけ方や確定申告書関係の書類の書き方などを相談することはできます。

 

特に、お子さんが小さいときは、混雑した時期は避けた方がよいでしょう。年内から少しずつ準備をしたり、年始には申告書などの書き方を相談するなど、少しずつ分けて準備すると、事務処理や心理的負担も軽減されます。

税務署にはどんな担当があるの?

「税務署」と聞くと、マルサで有名な査察のイメージが強いのではないでしょうか。税務署には、税金の種類により担当が決まっていますので、簡単にご説明します。

 

総務課・・・税務署の総務事務を行なっている担当です。また、申告書や申請書の受付、税理士制度の運営も行なっています。

 

税務広報広聴官・・・税金に関することの広報を担当しています。

 

管理運営部門・・・税金の納付や還付の手続きを行う担当です。申告書や申請書の用紙の配布、一般的な税金に関する質問や書類の受付も行います。

*書類の提出のみであれば、管理運営部門へ提出するとよいでしょう。

 

徴収部門・・・税金の徴収や滞納処分を行う担当です。(税務署の規模によっては、「管理運営・徴収部門」となっている場合もあります)

 

個人課税部門・・・申告所得税、個人の方の消費税の申告と調査を行う担当です。個人事業者の方へ、記帳指導や青色申告の説明会なども行なっています。

 

資産課税部門・・・相続税や贈与税の相談、調査を行う担当です。また、土地や家屋などを売った場合など、譲渡したときの所得税の相談も行なっています。

 

法人課税部門・・・法人税や法人の消費税、源泉所得税などの相談や調査を行う担当です。個人の方で源泉所得税に関する相談をしたいときも、法人課税部門の源泉所得税担当が相談窓口になっています。

 

酒類指導官・・・酒税の相談や手続き、調査を行う担当です。

【参考】 国税庁の機構|国税庁概要・採用|国税庁

相談窓口と相談のときのコツ

実際に相談する窓口は、相談内容によって変わってきます。具体的に、個人の方が在宅ワークで収入を得た場合をご説明します。

 

一般的な税金に関する質問や申請書の書き方などは、管理運営部門になります。しかし、「在宅ワークで収入を得た場合」といった具体的な質問であれば、個人課税部門が担当です。

 

質問の方法は、電話や直接税務署へ行く方法があります。また、国税庁のサイトにある「タックスアンサー」では、よくある質問は調べることができます。

 

税務署へ直接行く場合でも、事前に管轄の税務署へ電話をして、内容を伝えて行く方がいいでしょう。なぜなら、必要な書類などがある場合、二度手間になってしまうからです。

 

また、質問の内容によっては時間がかかる場合もありますので、何れにしても事前に相談内容を伝えておくことで、スムーズに手続きができます。

まとめ

税務署も担当が分かれていますので、質問をする場合は事前に確認した方がいいでしょう。普段行きなれない場所に行くだけで疲れてしまうのに、お子さん連れの場合であれば、なお更大変です。

 

確定申告時期に入る前に、確認できることは少しずつ確認をして気持ちを楽に手続きを済ませてください。

 


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ