在宅ワーク知恵袋

在宅ワーカー必見!!文章力向上の鍵は表現力を磨き続けること!


「在宅ワーク知恵袋」でブログを書かせていただく様になったのは、2017年の12月。

早いものでもう半年が経ちました。

プライベートでアメーバブログやFacebookへの投稿など、簡単な短い文章であれば書いた経験があったものの、企業様からきちんと依頼を受け、仕事として書く「ブログ」には、毎回緊張感が伴います。

この半年を経て、私が気になっており、悩んでいるのは、どうやったら文章力を上げられるか、という事。

今後もブログや様々な文章を書いていく上で、「文章力の向上」は日々磨き続けなければいけない必須項目なのです。

 

文章術よりも大切なことは表現の引き出しを増やすこと

photo by darwin-vegher on unsplash

毎回「在宅ワーク知恵袋」では、自分が在宅ワークを通して感じたことや失敗したこと、これからやってみたいこと、また子育てのことなど、様々な視点から記事を書かせていただいています。

しかし、何記事も記事を書いていくうちに、今日は何を書こうかという事に迷うだけではなく、自分の文章力の乏しさにも嫌でも気がついてしまうのです。

もう少し違った表現が出来たのではないか、そしたらもっと読みやすく、面白い記事になるのでは・・・。

そんな思いに苛まれることもあります。

そんな私が、最近目にした「文章術よりも大切な「表現の引き出しの数」を増やすために2つのことを始めた。」というブログの記事によると、「文章術」を追うよりも、「表現力」を磨く事が重要、それに必要な事は、「小説を読みまくる」「映画を見まくる」「ドラマを見まくる」事。

その結果、表現の「引き出し」が増え、文章力アップにつながるそうなのです。

参考ブログ:webマスターの手帳

基本的な事の様ですが、このうちのどれもが今の自分にはなかなかできない事の様に感じてしまいました。

何しろまだ1歳の子の子育てに日々追われる毎日。

自分の時間が持てているかと言うと、正直ゆっくり本を読んでいる時間などないのが現実なのです。

 

まとめ

振り返ってみると、大人になってから、それも結婚して子供が生まれてからは、自分の時間を確保する事も忘れ、子育てに夢中になっていた様な気がします。

ドラマならば、夕飯が済んで洗い物をしているときに何となく流れているものを見る事はあっても、椅子に座ってじっくり見る、という事はありませんでした。

自分が見たいと思う映画にも何年も行っていませんし、レンタルを借りて来てまでは見る気がしません。

本にいたっては、読みたい所だけをさっと読んでおいて、後は本当にゆっくりできる時に思い出したら読む程度。

圧倒的に時間がないな、と感じる毎日です。

しかし、やはりインプットはしておきたい!

どうにかスケジュールを調整して、日々「見まくる」や「読みまくる」生活にシフトチェンジし、表現力の引き出しを増やしていきたいと思います。


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ