在宅ワーク知恵袋

在宅ワークで笑顔になろう!働き方について考えてみませんか?


家庭も仕事も順調に過ごしていたのに、子供の出産や介護などで「思うように働けない。」と感じことがある女性は多いのではないでしょうか。女性の働き方改革が話題になる中で、本当に自分にとって合う働き方を真剣に悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。では、家庭環境に左右されない働き方とはどんな働き方なのでしょうか。

育児と仕事の両立の壁

女性がフルタイムで働くことは、当たり前となりつつあります。しかし、女性は男性に比べると、結婚や育児、介護など、ライフスタイルが変わる機会が多いのではないでしょうか。

 

一番葛藤が始まるときは、子供が生まれて仕事復帰するときでしょう。子供が生まれる前までは、男性と同様に仕事の量も質も行えます。しかし、育児をしながら仕事をすると、予想できないことが多発します。

 

例えば、急な発熱やケガなど、挙げればきりがありません。また、保育園に預けられれば働けると考える方が多いかもしれませんが、預ければ日々のやることは増える一方です。

 

保育園への準備や先生方とのやりとり、仕事が終わったあとは、急いでお迎えに行き子供にご飯を食べさせたり家事をしたり…。また、保育園や小学校などは授業参観や運動会などの行事もあります。

 

子供を預ける場所があることは働くことに繋がりますが、疲れきってヘトヘトになってしまい、子供の成長に心の余裕を持って向き合うことはできないことが多いです。

 

子供も保育園や学校で精一杯頑張っていますから、ぐずることも出てきます。以前と同じ様に仕事ができない自分にイライラしたり、思うように動いくれない子供に対して怒ってしまったりということもあるでしょう。そのため、「本当は励ましてあげたいのに。」と、あとで落ち込むことも出てきます。

 

フルタイムの仕事で育児と仕事を両立することは、とても努力がいることなのです。

介護などの長期戦に必要な働き方

育児は子供の成長とともに、多くの方は手がかからなくなるのかもしれません。しかし、介護となれば状況は別です。

 

親や夫、子供が介護が必要となったとき、サポート体制にもよるかもしれませんが、何れにしても今までの働き方や生き方を見直す必要が出てきます。また、長期的に向き合う必要が出てきますので、必然的に働き方は見直す機会が増えてくるでしょう。

 

仕事をしていて精神的に負荷がかかってしまうことは、仕事を休むときではないでしょうか。仕事を計画的に休めないことが増えてきますので、仕事を休む連絡だけではなく、仕事の進捗状況やお願いをすることが増えいてきます。

 

予測できないということは、いつ休んでも仕事に支障が出ないように、常に準備をする必要があります。例えば、期限があるものの管理やいつ誰が見てもわかるような書類やデータの整理などです。

 

また、分からないことがあれば連絡がくることもありますから、仕事を休んでいたとしても連絡があったときの対応についても気にかけていなければいけません。

 

会社に行って仕事をするとなると、やはり無理が出てきます。しかし、働く場所を、自宅など在宅でできるように切り替えることができれば、さまざまな精神的な負担の軽減にも繋がります。

無理をせずに働きませんか?

育児や介護など、さまざまな制約が出てくることで、仕事の質や量が減ってしまいます。最初は、以前と同じように働けるよう努力する方が多いでしょう。しかし、無理をした働き方であれば、長く続けることは困難です。

 

決まった場所や時間に行かなければいけないことで、生活のリズムを圧迫しているのであれば、働き方を変えることも必要かもしれません。

 

例えば、短時間勤務を利用したり、テレワーク制度を導入している勤務先であれば利用したり、仕事の質を保つためにできることを試してみてはいかがでしょうか。

 

しかし、まだ短時間勤務もテレワークもない勤務先がほとんどかもしれません。利用できる制度がない場合は、突然環境を変えることは勇気がいることです。

 

まずは、副業として、在宅でできることを始めるのもいいでしょう。少しずつ在宅でできることを経験することで、自分に合っている働き方なのか、また、やってみたいことが在宅でできるのかが分かります。

まとめ

結婚や育児、介護など女性のライフスタイルは、周りの環境によって左右されやすいのが現状です。今までと同じように働けなくなったとき、最初はマイナスに捉えてしまいます。

 

しかし、本当は、自分のライフスタイルや今後の人生設計について、じっくりと考えられるいい機会ではないでしょうか。「働きづらい」と感じたとき、働き方を見直すことで、自分も子供も、そして、家族も笑顔になれる選択をしてみてください。

 


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ