在宅ワーク知恵袋

在宅ワークならライターが始めやすい


在宅ワークを始めるなら『クラウドソーシング』で

パソコンを使って気軽に始められるのが在宅ワークの魅力です。

 

最近では家事や育児の合間に主婦が取り組んだり、副業として始める人も増えています。

 

その中でクラウドソーシングのライターは比較的始めやすい仕事です。ライターの仕事は文章を書くことです。

 

自分で仕事を見つけるのは難しいですが、クラウドソーシングという発注者と受注者を結びつけてくれる仲介業者のサービスを利用すれば誰でも気軽に始めることができます。

 

 

クラウドソーシングサービスを比較しよう

クラウドソーシングのサービスに登録して好きなジャンルでライティングの仕事をするだけです。

 

クラウドソーシングのサービスはいろいろあります。

 

ライティングに特化したサービスもあれば、他にプログラミングやWEBサイトの構築などの専門的な仕事も請け負うことが出来るサイトもあります。

 

それぞれ仕事のレベルが違うので、まずは簡単な作業ができる仕事から始めてみるといいでしょう。

 

 

まずはライティングから

ライターの仕事が始めやすいのは、特別なスキルなしでも文章を書く技術があれば誰でも出来るからです。

 

学校で学んだ読み書きのスキルと、わからないことをネットで検索する技術を持っていればある程度のレベルの文章を書くことができます。

 

もちろん、気軽な仕事とは言っても発注者から請け負って仕事をしているわけですから、適当な文章を書けば非承認になってしまう可能性もあります。

 

まずは50文字〜100文字くらいの短い文章の案件にチャレンジしてみて徐々に長文案件も書けるようにしていくといいでしょう。

 

慣れてくればブランドタッチで1時間で3000文字くらい打てるようになり、チャレンジできる案件が増えていきます。

 

自分の得意なジャンルのライティング仕事から始めるといいです。


この記事を書いた人:IBC

ITブートキャンプ運営事務局です。 随時ブログを更新していきます。

こちらの記事もどうぞ