在宅ワーク知恵袋

在宅ワークのリアルな悩み!「孤独から抜け出す方法」 とは


在宅ワークの場合、連絡はチャットやメールのため、人とリアルに会うことが減ってしまいます。そういう働き方を選んでいるのだから仕方がないことかもしれません。しかし、あまりにも孤独になってしまうと、「これで大丈夫なのかな?」と、普段悩まないことも段々と悩んでしまうことも。今回は、私自身も陥りやすい「孤独」から抜け出す方法についてお伝えします。「仕事はあるのに、なぜか気持ちが落ち込んでしまう。」という方には参考になるかもしれません。

孤独を感じてしまうとき

早速ですが、質問です。

あなたは自分が孤独だと感じてしまうことはありますか?

私は、最近「孤独だ」と感じることが増えてきました。ワーカー仲間がいても、クライアントの方との仕事のやり取りがあっても、ふと「孤独だ」と感じてしまうのです。

普段、チャットなどでやり取りをしていると、人とのやり取りができていると感じます。しかし、仕事の連絡がなくなると、「このままではダメなんじゃないか。」と気になることも出てきました。

「どうして孤独だと感じるのか?」と考えているときに、偶然図書館から借りていた本にヒントがありました。

その本は「強いチームはオフィスを捨てる」です。

この本の著者は、実際にリモートワークを実践している方です。実践している方だからこそ、「孤独が人にどのように影響するのか」が分かりやすく説明されていて、私の疑問も解消されました。

孤独を解消するために必要なこと

著者の経験から書かれているこちらの本には、リモートワークについて様々なことが書かれていて勉強になることが盛りだくさんです。

その中で「孤独は人を狂わせる」とあります。

また、孤独を解消するために「会社の人ではなくても、家族や友人、地域の人など、人と触れ合うことで社会的欲求は満たされる」と著者は教えてくれます。

確かに、私もスーパーに買い物に行ったり、図書館へ行ったり、友人に会ったりするだけで、随分気持ちが落ち着きます。

実は、私は会社勤めをしていたとき、人と会うのが苦痛でした。人に会うのが苦手だと思っていましたので、まさか悩みやすくなることに「孤独」が影響しているとは驚きでした。

今回の本を読み、人と会いたいと思う欲求や孤独が与える影響の理由が分かり、とても納得できました。

自分らしく仕事をするために

さまざまな理由で、在宅ワークを選んでいる方がいらっしゃると思います。働く選択肢が在宅しかないと分かっていても、孤独を感じれば感じるほど「外に出て仕事をした方がいいのかな?」と悩んでしまうのではないでしょうか。

必ずしも外の仕事をしなくても、仕事の場所をいつもとは違うカフェなどに変えてみたり、地域のイベントに参加してみたり、それだけで孤独から抜け出すことはできます。

孤独を抜け出すついでに、地域の人と交流ができるようになれば、いろんなアイディアも浮かぶかもしれません。

私もですが、在宅ワークだからこそ普段よりも意識して外に出ることで、いい仕事ができるのだろうと思いました。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ