在宅ワーク知恵袋

在宅ワークのリアルな悩み!仕事に追われないために対策していますか?


在宅で仕事をしていると、気づくと仕事をしすぎることありませんか?また、クライアントが複数になってくるとその都度依頼がきますので、納期に追われていると感じることも。そして、家事も育児も手が回らなくなると、在宅で仕事をしている意味を振り返っては悩むということにもなってしまいます。今回は、私にとっても切実な悩みをお伝えしながら、最近はじめた対策についてお伝えします。私と同じように「仕事に追われている」と感じている方には、ヒントになるかもしれません。

仕事に追われていると感じるとき

お陰様で、段々と仕事が増えてきているのですが、不思議と仕事のご依頼いただくときは、時期が重なることがあります。

『お店にお客様が同じ時間に集中してくるとき』と同じ感覚です。

現在、私の仕事の受注パターンは、2つです。クラウドソーシング運営会社を通したお仕事と、直接クライアントの方と取引をさせていただいているお仕事があります。

クラウドソーシング運営会社のお仕事と直接取引の場合、コミュニケーションの取り方や仕事の受注方法など、それぞれ違います。もちろん、締め日と支払日もです。

そのため、仕事の内容、修正、そして請求など、うまくスケジュール管理をしないと、日々追われている感覚になり、心に余裕がなくなることが出てきました。

納期を把握し見積もろう

先日、この悩みを知人に話したとき、「納期を見積もるといい」ということを教えてもらいました。

どういうことかというと、依頼をいただいた仕事の内容や全体の自分の仕事を把握した上で、「いつまでできるか?」ということを見積ります。そして、クライアントの方と交渉するということです。

私の場合は「せっかくいただいたお仕事だし」と、どうしても依頼がくれば「すぐに対応しなくては」と感じて、対応していました。それを繰り返すことで、自分で自分を追い詰めていることに、知人と話をして気がついたのです。

そこで、まずは自分が今受けている仕事の洗い出しと、納期の確認を見える化しました。今回、見える化するために使ったツールは『Trello』です。

詳しくは、公式サイトを確認していただくとわかりますが、タスクをカードで管理する方法です。

クライアントや案件ごとにカードを作成し、その中に期限やコメント、そしてチェックリストも作成しています。チェックをするとどのくらい進んでいるかも図で示してくれるので、達成感を感じられ効果的です。

また、仕事だけではなく生活全体の週間計画を立てているのですが、こちらもTrelloを使って把握してみました。まだ始めたばかりですが、忘れがちな計画や達成したい目標を意識しやすくなっています。

心と体、そして時間に余裕を持とう

在宅で仕事ができるのが嬉しくて、ついつい引き受け過ぎたり、納期まで余裕があってももの凄く急いで対応していました。しかし、結果的に自分で自分を疲れさせていたことに気づき、在宅ワークにした意味を再度振り返ることになったのです。

仕事を全体的に見える化したことで、1番効果的だったことは、『心に余裕ができたこと』。しかし、まだまだ意識をしないと、仕事し過ぎになってしまいます。

心と体、そして時間に余裕を持てるようになるために、見える化を続けていこうと思っています。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ