在宅ワーク知恵袋

在宅ワークも健康が一番!睡眠時間、足りてますか?


現在私は在宅ワークを週に3日、外でも週に3日働いています。

おかげさまで少しずつ仕事が増え始め、それとともにスケジュール管理が課題となってきています。

なるべく日曜日は仕事をせず、子どものために使おう、と思っていますが、納期が迫っている時や、PTAの仕事が忙しくなって来ると、日曜日や足りない時は夜中まで作業することもあります。

そんなことが重なってくると、睡眠不足により、日中の働きが悪くなってくることに気がつきました。

これを「睡眠負債」と呼ぶそうです。

「睡眠負債」とは、十分に睡眠が取れていると思っている人でも、睡眠不足が少しづつ蓄積され、後々パフォーマンスの低下を招いたり、体調不良に見舞われたりする事です。

6時間程度の睡眠を2週間続けた人は、2日間徹夜をしたのと同じ状況になるそうです。

 

睡眠不足は健康を害する!

普段在宅ワークをしている日は、子供を保育園に預けて仕事をしますが、熱が出たり体調が悪ければ、当然自分で面倒を見ながらの作業になります。

まだ1歳で、放っておくわけにもいきませんので、主に昼寝の時間が仕事の時間になります。

今までは「仕事が終わらなければ夜に持ち越そう。」などと安易に考えていたのですが、知らないうちに自分の体を痛めつけていたことに、今更ながら気がつきました。

睡眠不足がたたってくると、脳の働きが衰えてきます。

日中元気に過ごすことが難しくなってくるのです。

それだけではなく、最近の研究では、ガンや認知症のリスクが高まることも分かってきたようです。

毎日7〜8時間程の睡眠時間を確保し、続けることが重要なようですよ。

すみやかに寝て、質の良い睡眠を取るための10か条をご紹介します。

引用:http://www.nhk.or.jp/special/sleep/detail.html

これを全部守るのは正直な所、難しいかもしれませんが、寝る直前まで仕事をするのは控えようかな、と思いました。

寝る前は特にリラックスしないといけませんよね。

私はコーヒーも好きでついつい飲みすぎてしまうので、せめてデカフェにしたりと、工夫できることはありそうです。

 

まとめ

在宅ワークをしていると、「後もう少しできりがいいから」などとついつい遅くまで作業することもしばしば。

まだ1歳児を抱える身としては、夜中の授乳もあるので、できるだけ早く就寝して、翌日のエネルギーをチャージしたいところです。

時々どうしても疲れてしまって、長男に次男のお世話を頼むこともありました。

長男は「無理は絶対するな!」とチクリと言ってくれるのですが、本当にそうですね。

まだまだお仕事を頑張って、子供を育てないといけませんので、自分の体も労って、毎日元気に在宅ワークをしたいな、と思います。


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ