在宅ワーク知恵袋

在宅ワークをするのに風邪などひいていられない!免疫力を上げる方法


早いもので今年もあと5日ほど。

今年はどんな一年でしたか?

忘年会などで胃腸もおつかれ、体は悲鳴をあげていませんか?

という私はここの所風邪気味です・・・。

完全に次男の風邪をいただいて・・・。

でもそんなことにくじけてはいられませんので、風邪にはどんな食べ物を摂るのがいいのか、調べてみました!

 

風邪予防には免疫力をあげること!


photo by Alexandr Podvalny from Unsplash

免疫力が低下してくると、思わぬところで体にウィルスが侵入して来てしまいます。

疲れていたり、寝不足だったりすると、免疫力は低下してきますので、早寝に努めた方が良い様です。

そして人間の体の主成分はタンパク質。

日頃からタンパク質をたくさん摂って、体を守っていきましょう。

 

風邪予防に役立つのはビタミンC、ビタミンA

ビタミンCを多く含む食品は、以下の通りです。

  • レモン
  • みかん
  • ゆず
  • いちご
  • キウイ
  • トマト
  • きんかん
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • 大根
  • レタス
  • パプリカ
  • ブロッコリー など

ビタミンCは粘膜を正常に保つ働きがあり、鼻や口からウィルスを侵入しにくくするそうです。

ビタミンAを多く含む食品

  • ほうれん草
  • 人参
  • カボチャなどの緑黄色野菜
  • うなぎ
  • チーズ
  • モロヘイヤ
  • ニラ など

ビタミンC同様のどや鼻などの粘膜を保護する作用があります。

 

栄養を摂ったら体も温めて!

いくらしっかり栄養を摂っていても、体が冷えていては良くありません。

お風呂でしっかり温まるのも良いですが、体の内側から温めることも重要です。

生姜をたっぷり使った料理や、唐辛子で辛くしたお鍋など、積極的に摂る様にすると良い様です。

 

まとめ

これから迎える楽しいお正月。

風邪なんかに負けて台無しにするのはもったいない!

子供たちと目一杯楽しむためにも、まずは生活習慣の見直しと、食事面の見直しをしてみませんか?

体の内側から改善し、免疫力を上げてウィルスを撃退していきましょう!


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ