在宅ワーク知恵袋

夢を叶えたいと焦ってしまうあなたへ。平常心でいるために必要なこと


『世界 本の日』にちなんだ本の紹介は、今回で最後になります。自分の夢を叶えたいと頑張っているとき、時間がかかればかかるほど焦りが出てきてしまうことはありませんか?今回は、そんなときの対処法のヒントを得られる本をご紹介します。

焦れば焦るほど

忙しい時間の中で自分の夢を叶えるため日々頑張っていると、「うまくいかない」と感じることが出てくるでしょう。

また、夢だけではなく、日々の生活の中で、計画を立てていたとおりにいかず、イライラすることは子育て中のママであれば避けられません。

「うまくいかない」と感じたり、イライラしたりすると、だんだんとマイナスに考えてしまい、「やっぱり私はできないんだ」と落ち込むことも。

このように焦ってしまうときは、どうしたらいいのでしょうか?

焦ったときのヒントをくれる本が今回ご紹介する
著者 植西 聰
平常心のコツ──「乱れた心」を整える93の言葉
です。

夢を叶えたいなら

平常心のコツ──「乱れた心」を整える93の言葉』では、たくさんのヒントを得られます。

その中でも、焦らずに夢を叶えるためには、

目の前のことを淡々と行うこと。
落ち込んだときは気持ちの切り替えをすること。
そして、1番大切な「てきとう」くらいが丁度いいこと。

を教えてくれます。

気持ちの切り替えは、在宅ワーカーの場合、意識しながら気晴らしを取り入れた方がいいと、個人的にも感じることです。

なぜなら、自分の時間を取りづらく、家族以外の人と話すことも少ないから。

また、子育てや介護をしている方であれば、話の内容も自分のことよりも子供や家族のことが多くなりがちです。

在宅ワーカーが夢を叶えるためには、自分ができたことを自分で褒めるなど、自分を大切にするために気持ちの切り替えや「てきとう」に気持ちを楽に過ごすことは大切だと言えます。

本はいつだって答えをくれる

3回にわたって、時間がない在宅ワーカーが元気になったり、笑顔になったり、夢を叶えるきっかけになるような本を選んでみました。

本を読むというと、最初から最後まで読まなければいけないと考えがちです。しかし、自分にとって必要なことだけを知るために本を読むというのも、とても効果的です。

本を読む前に、質問を考えてから読むだけで、本からさまざまな答えを得られます。

くじ引きを引くような感覚で「今日一日楽しく過ごせるために必要なことは?」など考えながら本を選ぶと、より読書を楽しめます。

本を読むのが苦手な方は、まずは本と仲良くなる方法を試してみてください。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ