在宅ワーク知恵袋

失敗しても諦めない!子供から学びを得る日々


我が家の長男は、今度4年生になりますが、水泳、水球、野球と、様々なスポーツを習っています。

どれにも全力投球で、ほとんど休む事なく続けている様子にいつも感心する程です。

先日、水泳の進級テストがあり、3年生最後、という事で、ひとつ上のクラスに上がる為の最後のチャンスに挑んできました。

テストの種目は、200m個人メドレー。

3分23秒で泳ぐことが出来れば、ひとつ上のクラスに進級出来ます。

1年間目指してきたクラスだけに、最後のチャンスにかける想いも半端なものではありません。

肩をグルグル回し、気合い十分。

いざ、決戦です。

 

諦めない心から得る事

photo by frankrom-mckenna from unsplash

結果は、残念ながら3分24秒75、というタイムでした。

結果を聞いた彼は、目に涙を浮かべて悔しがっていたそうです。

それでも今までのベストの記録を叩き出した彼に、私は拍手を送りました。

テストが終わり、私の元に帰ってきた彼にまだ挑戦したい気持ちがあるのか聞いてみると、

「まだ諦めないよ!」

と一言。

4年生になると、また基準タイムも10秒程縮めないといけませんが、それでもまだまだ挑戦したい、と新たな目標を立てた様です。

子育てをしている中で、特に最近では長男から学びを得ることが多いと感じます。

いつでも前向きに、チャレンジ精神の塊の様な彼。

チャレンジが、結果失敗に終わってしまっても、次の対策を考える彼。

自分の中で切り替えて前向きに進む姿は、本当に眩しく映ります。

もうそんなに頑張らなくていいんじゃないか、と思うこともしばしばありますが、彼を見ていると、そんな事を私から言ってしまってはいけない、と見守る態勢に徹することにしています。

私も彼の不屈の精神を見習って、決して諦めない心を持ち続ける事、失敗しても次の対策が練れるようになるまで頑張らないと、と気持ちを新たにしました。


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ