在宅ワーク知恵袋

子育ては立派な仕事!だからこそ必要な気分転換していますか?


子育てをしながら仕事をしていると、毎日があっという間に過ぎてしまい、気づくと自分のことは後回しになってしまうことが多いかもしれません。仕事も子育ても頑張っているからこそ、気分転換は大切です。

子育ては立派な仕事です!

子供ができるまでは、育児休業で子育てに専念できる時間は、「子供と一緒にいられるしお昼寝だってできるし、楽だろう」と思っていました。しかし、いざ自分が経験して感じたことは、真逆でした。

 

もちろん、子供と過ごす時間は本当に幸せです。しかし、夜中の授乳から始まり、子供が動き出すとゆっくり食事をすることも、トイレに行くこともできません。正直、子供を保育園に預け仕事に復帰したとき、外で仕事をした方が楽だと感じました。

 

こんなことを言っていると「自分の子供のことなんだから、当たり前でしょ!」と言う言葉が聞こえてきそうですが、本当にそうでしょうか?

 

以前、こちらのWorld’s Toughest Job という動画が話題になりました。

 

ある仕事の求人で面接の際の動画です。ご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。仕事の条件は、24時間365日年中無休で給与なしです。

 

面接を受けている方は、皆口を揃えて「とんでもない仕事だ!」と言います。そんな酷い仕事を誰もするわけがないと、動画を観ているこちら側も感じてしまうほどです。

 

最後に、職業の紹介があるのですが、何の職業だと思いますか?

 

答えは、「母親」です。

 

24時間365日年中無休で給与なしの仕事は、まさしく育児です。みんな仕事となると嫌がるのに、母親になると当たり前に感じます。

 

育児は立派な仕事です。どんな仕事よりも労働条件はよくありませんが、どんな仕事よりも尊く大切な仕事です。

 

だから、「子育てしかしていない」から働いていないと感じる必要はありません。子育ては、胸を張って言える立派な仕事なのです。

気分転換のマイルール

子育ては当たり前と思われがちなため、気分転換をしようとすると大変です。「いつも子供と一緒で楽しているのに」と言われることもあるかもしれません。

 

しかし、先ほどお伝えしたとおり、子育ても立派な仕事です。子育ては、過酷ですし、孤独になりがち。だからこそ、1日わずかな時間でも気分転換は必要です。いい仕事をするためには、休みを取ることは必要ですから、遠慮なく堂々と休みましょう。

 

そうは言っても、子供が小さいとなかなか外出もしづらいでしょう。私の場合は、30分くらいでも近所のコンビニにお散歩に行ったり、好きなお菓子を買ったりしていました。

 

長時間一人の時間が取れなくても、僅かな時間でも一人の時間を取るだけで、随分気持ちが楽になります。

 

家にいるときは、子供がお昼寝したとき、好きな本を読んだり、ドラマを観たり、笑ったり泣いたりできるものをよく観ていました。笑うだけではなく、泣くことも気持ちのリフレッシュになりますので、おすすめです。

 

僅かな時間だからこそ、心から「うわぁ楽しい!」と思える小さなことをしながら気分転換をしていました。今でも続けていますが、毎日の何気ない出来事も幸せに感じられるようになりました。

あなたの好きなことしていますか?

Photo by Genessa Panainte on Unsplash

子育てで毎日忙しいと、自分が好きなことも見失いがちです。また、好きなことをしていいと自分に許可を出せなくなるときも出てきます。

 

私自身がそうでした。好きなドラマを観ていると、気持ちのどこかに後ろめたさを感じていました。子育てをさぼっているような、そんな気持ちです。

 

どうしてそんな気持ちになったのかと考えると、夫や両親、そして、周りからの目線を気にしすぎていたからでした。

 

このことに気づいたのは、子供が学校に行かなくなったときです。自分が当たり前と思っていたことや、経験したこと、そして世間の常識と言われることができなくなったとき、自分や子供のことよりも、周りからどう思われるのかが気になっていました。

 

この気持ちが強いと、「母親」という理想に近づこうと無理をしてしまいます。

 

人それぞれ、顔も髪型も声も違うように、子育てだって違っていいんです。そして、気分転換だって、自分が好きなことを自分に合う方法でやっていいんです。

 

好きなことをしているのに、心のどこかで後ろめたさを感じていたら、気分転換になりません。余計にストレスになってしまいます。心から好きなことを少しずつ楽しむことで、子育ても仕事も楽しめるようになります。

まとめ

子育ては、子供の成長を身近に感じられる幸せな時間です。しかし、外に働きに出ないことから、楽をしていると見られることもあります。しかし、子育ては24時間365日年中無休で給与なしの仕事なのです。

 

子供を育てる大切な仕事だからこそ、心に余裕を持つことは必要です。心に余裕を持ち、子供の成長を喜べる自分でいるためにも、適度な気分転換と自分な好きなことを続けることを試してみてください。

 

親子で素敵な時間が過ごせるようになります。

 


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ