在宅ワーク知恵袋

気になる子供の困り感。発達障害と言われたらどうなるの?


子供が集団生活を始めると『家では普通なのに、ちょっと違うかも…。』と我が子の困り感に悩むことはありませんか?最近、『発達障害』の認知も広まってきましたが、さまざまな情報に振り回され不安になることも。では、『発達障害』と言われたらどうなるのでしょうか?

『障害』の診断がおりるときとは

子供に困り感があるからと、『発達障害』と安易に結びつけてしまう方もいるでしょう。しかし、子供の困り感は、子供自身の特性だけではなく、環境などの周りの理由もあるため、一概に発達障害とは言えません。

集団生活が始まると、『静かにできず歩き回っている。』『話を聞いていない』『いつも忘れ物をしている』など、よく聞く話です。

このような行動は、様々な理由から起きていることも考えられます。子供の行動には、必ず意味があります。『発達障害かもしれない』と心配するよりも、子供の行動の背景を知ることが最優先です。

 

心配する前に、お伝えしておきたい大切なことがあります

それは、『多かれ少なかれ、人は発達障害の特性を持っている』ということです。

 

では、どう言ったときに『障害』の診断がおりるのでしょうか?

それは、『日常生活に支障が出ているかどうか?』です。

 

もちろん、専門機関で検査はあります。しかし、特性を持っていたとしても、日常生活に支障が出ていなければ、診断がおりない場合もあります。

保育園や学校の対応は?

保育園や学校では、この『診断がおりているかどうか』ということは、様々なところで影響してきます。

実は、困り感があったとしても、先生方は、すぐに『その子に応じた対応ができない』ことが多いのが現状です。

理由は、先生方の知識不足もあります。しかし、知識がある専門性の高い先生も、慎重にならざるを得ない理由があります。

 

それは、親が発達障害を受けいれられないことがあるからです。

 

発達障害は、脳の機能において、発達にでこぼこがあることから起きていると言われています。

しかし、親にとっては、我が子しか知りません。周りからいろいろ言われても親にとっては『我が子は普通』なのです。そのため、『障害』と言われても、発達障害は目に見えるものではありませんから、どうしても『頑張ればできるようになる』と思ってしまいがちです。

また、保育園や学校の先生が気づいて親に教えてくださったとしても、受けいれられないどころか反発する親もいます。そのため、先生方も慎重にならざるを得ないのです。

『障害』の診断がおりたときのメリット

子供自身も、自分と他の子との『違い』を分かりません。そのため、できないことが多くなるにつれて『僕(私)はダメな子だ』と自分自身を責めてしまいます。

また、親も発達障害を知り、受けいれられるようになったとしても、将来が見えず不安は募るばかりです。

 

では、診断がおりると集団生活で何が変わるのでしょうか?

 

大まかに言うと、3つのメリットがあります。

  1. 先生方と協力がしやすくなります。
  2. 福祉のサービスにより、相談支援員などの外部の専門家の方と繋がれます。
  3. 学校では学ぶ方法の選択肢が広がります。

特に、3の学校生活は、診断がおりていることで、一般のクラスだけではなく、週に何度か苦手なことの指導を受けられる『通級指導教室』で学べます。

また、『特別支援学級』は、自分のペースで学びたい教科は『特別支援学級』で学び、参加できそうな授業は自分の学年のクラスで学ぶこともできます。

しかし、診断がおりていなければ、このような『学びの場』に行けないのが現状です。

まとめ

発達障害の特性は、みんなが多かれ少なかれ持っています。また、子供が困っているのであれば、早いうちから支援を受けられることで、自傷や他害、そして引きこもりなどの二次障害を防ぐこともできます。

我が家は、自分の特性を知ることで、学習も仕事もできるようになってきました。まずは、子供の特性を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達の子育てをしながら、在宅で仕事をしています。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 フリーライターとして2016年9月から「ハートワードシェア」で開業し、本格的に活動中。『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ