在宅ワーク知恵袋

気持ちをリセットするために必要な事 在宅ワークと上手に付き合うために


家で仕事をしている時、誰とも会わず、話さずにいると、きりがなくずっと仕事をしてしまう事があります。

仕事がひと段落したり、何かきっかけがないとなかなかその場を離れることもなくなってしまいます。

そこで、何か気持ちをリセットするためにできる事はないか、と意識して切り替えの場面を作るようにしました。

 

好きな事で気持ちをリセットしてみる

photo by vicky-gu from unsplash

仕事をしていく上で、「切り替え」の場面は必要です。

気持ちのリセットになりますし、新しい考えが生まれるきっかけになったりすることもあるでしょう。

私の場合は、好きなコーヒーを丁寧にドリップしてみること。

無心にお湯を注いでいると、それだけで気持ちがリセットされ、少し休んで再度パソコンに向かう時には、また新鮮な気持ちで向かえるような気がします。

また、以前のブログでも触れた事がありますが、切り替えの場面には、少し甘いものをお腹に入れると、リセットの効果が高いそうなのです。

いつもの習慣のような事が、知らず知らずのうちに、上手に切り替えとなっていたようです。

 

まとめ

在宅ワークは、自分の家で仕事ができる分、上手に時間を使える事が利点ですが、その一方で、誰とも会わず、家族以外の人とは話す機会が極端に減ってくるなど、こもりがちになってしまうのも事実です。

それを孤独と感じるかは人それぞれですが、もし感じやすいのであれば、上手に気持ちや頭をリセットし、仕事とも上手に付き合っていくのはいかがでしょうか?

考え方も前向きに、仕事をより楽しめるようになるかもしれませんよ。


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ