在宅ワーク知恵袋

直接の契約で気をつけたい。契約から支払いまでのポイントとは?


在宅ワークを続けていると、クラウドソーシングではなく直接の仕事の依頼がくることも出てきます。嬉しい反面、契約から請求、そして支払いが実際行われるまで、どうしたらいいのかと悩むかもしれません。特にお金のことはなかなか言い出せないことが多いでしょう。お互い気持ちよく仕事をするためには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

まずは自分の方針を決めよう!

クラウドソーシングで仕事を受けていると、プラットフォームで仕事の内容から報酬、そして支払日まで確認できるため、お金のことをあまり気にすることなく仕事を受けられます。

その反面、手数料など引かれるため、実際受け取れる金額は減ってしまい、思ったより稼げないと感じることもあるでしょう。

一方、クライアントの方から直接仕事を受ける場合、仕事の内容から支払いまで、全てを自分で管理する必要があります。しかし、手数料などのお金の面だけではなく仕事の幅も増えるため、やりがいは増えるでしょう。

そこで、直接仕事を受けるときに気をつけたいことは、『自分の方針をしっかりと決めておくこと。』

例えば、ライティングであれば

  • 受ける仕事は月に15本まで。
  • 報酬は、最低でも1文字1円。
  • 書いた記事を実績として公開。

と言ったように、自分がどうしたいのかをまずは決めておきましょう。

どうして決めておく必要があるのかと言うと、依頼があったらそのまま受ける体制でいると、大量な仕事を安い報酬で受けてしまうことが出てくるからです。

自分の方針を決めておくことで、仕事の受注方針が明確になります。また、自分だけではなく相手との関係にもいい影響があるため、気持ちよく仕事ができるようになるでしょう。

特に気をつけたいお金のこと

自分の仕事の方針を決めることの次に気をつけたいことが、お金のことです。

まず、仕事の契約については、仕事の内容、報酬の内訳を確認します。提示された内容で疑問に感じたことがあれば、しっかりと確認することが大切です。また、追加で発生した内容についての対応も明確にしておきましょう。

次に請求関係については、税別の請求になること、締め日と支払日、支払方法についてを確認してください。請求関係は、仕事の契約のときに一緒に確認をすることで、不安に感じることなく仕事ができます。

最後に気をつけたいことが、支払いが実際に行われたかどうかと金額です。万が一、支払予定日に振り込まれなかった場合は、催促をする必要があります。

また、支払金額については、支払われた金額が請求書の金額とあっているか確認をしてください。

「相手も納得して請求書を作成したのだから」と安心して、請求金額が振り込まれると思うかもしれません。しかし、実際は金額が少なかったり、逆に多く支払いがあったりと言う場合もあります。

お互い仕事を気持ちよく続けるために、そして、今後いろんな方と仕事ができるようになるためにも、お金のことはポイントを押さえて対応してください。

少しの工夫で信頼関係も築けます

仕事をする上で一番大事なことは、信頼です。この信頼を築くためには、いただいた仕事をきちんとすることだけではなく、普段の連絡のやり取りや緊急時の対応などでも変わってきます。

特に、お金のことは、いい意味でも悪い意味でも信頼関係に大きく影響します。

お互い気持ちよく仕事ができるために、そして在宅ワークの仕事の幅を広げて活躍できるようになるために、ポイントを押さえて対応してみてください。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ