在宅ワーク知恵袋

私の在宅ワークの進め方 納期からの逆算で余裕を持って仕上げよう


前回のブログで、2月の振り返りをしましたが、今回は、私のライティング業務の進め方について、ご紹介しようと思います。

現在私が請け負っている仕事は、

  • バナー作成
  • ブログ・メルマガ等ライティング
  • LP作成

となっています。

バナー・LP作成は、時々入ってくる仕事。

日常的に更新しているのが、ブログ・メルマガ。

ライティング業務が主な仕事となっています。

ライティング業務に関しては、2社からお仕事をいただいていますので、どちらも仕上がりに偏りが出てこないよう、調整する必要があります。

 

納期から逆算し、余裕を持って取り掛かります。

納期までにかかる時間を逆算して仕事に取り掛かるのですが、ライティングに関しては、どんな内容で書くのか、題材を考えるところからがスタートです。

私の場合は、これを考えるのに大半の時間を費やしてしまうので、スタートから少なくとも2日は欲しいと思っています。

題材を思いついたら、まずはメモ。

忘れないようにする為と、後で改めて見てみてどう感じるか、ここでボツにすることも多々あります。

書く内容が決まれば、あとは自分の知識と、それでは当然足りない部分を調べたものを総動員して、記事を書き上げます。

午前中の家事が落ち着き、一息入れてから、さあ、取り掛かります。

執筆は、1時間かからないくらいの時間で仕上げるようにしています。

あまり長い時間を費やしていると、自分の中で迷いが生じたり、マイナスの面が見えてきたりしてしまいそうなので、書き始めたら一気に仕上げてしまいます。

こんな調子で、週に3回、「在宅ワーク知恵袋」を更新させていただいています。

 

まとめ

photo by ilya-pavlov from unsplash

今回は、私のライティング業務の進め方についてご紹介しました。

こうして見てみると、1週間ずっとライティングをしているような印象を受けますが、実際はそうではありません。

もちろん、題材決めに時間はかかるのですが、他にも時々入ってくる「制作」の方の仕事も調整しながらしていますので、PCとにらめっこをしながらずっと頭を悩ませているわけではありません。

題材決めは普段の生活の中でふっと思い付くことの方が多く、案外そうして決めた題材の方が、スラスラかけたりするものです。

しかしまだまだ課題は多く、もっと知識を増やしていかないといけないな、と日々勉強、皆様が読みたくなるような記事を書いていきたいと思っています。


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ