在宅ワーク知恵袋

自分のサイトを作りたい!まずはローカル環境で勉強してみよう


在宅ワークでブログを書く経験をさせていただいている中で、最近新たな目標として自分の中に芽生えたのが、「自分のサイトを作ること」です。

今までは、アメーバブログやFacebookをブログとして活用するなど、あらかじめお膳立てされたものに記事を投稿していました。

もちろん、それらのツールは記事を投稿するだけと、とても手軽に利用でき、誰もが知るツールですので、人の目につきやすい、という利点があります。

しかし、4月にWordBenchというwordpressの勉強会に参加させていただいた事をきっかけに、「自分のサイトを作ること」が私にとっての明確な目標となってきました。

 

ドメインやサーバーを契約するという体験をしました

4月のwordpressの勉強会では、ドメインの取得方法やサーバーの契約の仕方、固定ページの作成方法や、カテゴリーとタグとの使い分けなどを勉強してきました。

実際に、自分のドメインを取得し、サーバーも契約してみました。

ドメインとは、インターネット上の「住所」。

例えば「www」のような文字列(ホスト名)に.(ドット)が追加され、その後にくる「○○○.jp」というような名前。

この「○○○.jp」がドメインです。

こちらの価格は様々ですが、今回、私は気軽に契約できる年間108円という安さのドメインに決定。

1年後の更新の時には1000円ほどかかる様です。

そして、併せてレンタルサーバーも契約。

無料のお試し期間が10日間、という事で、勉強会で「やってみる」にはちょうどいいと思えました。

実際、このサーバーにwordpressをインストールし、サイトを構築するのですが、レンタルサーバーの無料のお試し期間が終わってしまい、契約を見送ってしまえばもう見ることは出来ません。

それに、構築途中のものを公開してしまうのも考えもの。

そこで、MAMP(マンプ)というフリーソフトを使い、 Mac に擬似的にサーバーを作る事にしました。

ローカル環境でwebサイトを再現出来るという事で、これで心置きなく勉強できます。

 

まとめ

photo by patrick-tomasso on unsplash

4月に勉強会に参加してから、時間のある時にコツコツと進めてきましたが、自分のサイトを作るには、かなりの時間を要しそうです。

詳しい知識も必要ですし、今年中に何とか作ってみるというのが当面の目標です。

現状、私に出来る事は、MAMPを使って好きなだけ「やってみる」こと。

その中で失敗するにはなんの問題もありません。

また勉強した結果を、みなさんにご報告するべく、コツコツ頑張っていきたいと思います。


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ