在宅ワーク知恵袋

自分の情報を発信したい!サイト作成ツールを決めるポイントとは


在宅ワークに慣れてきたころ、さらに仕事を受けられるようになるためには、自分の情報を発信することが必要になります。そんなときに必要となってくるのが、webサイト。しかし、たくさんのお金をかけて作成するのが難しい場合、自分で作成しようと試行錯誤が必要です。たくさんのツールの中から自分に合ったものを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

手軽に安く情報発信したい場合

「とにかく早く情報発信したい」という方にとっては、手軽に安く作成できた方が便利です。

調べてみると、専門的な知識がなくても無料で手軽に作成できるwebサイト作成ツールはたくさんあります。

無料の場合と有料の違いは、運営会社によってさまざまです。

基本的に無料の場合は広告が表示されますが、サーバーを持っていなくてもサイト作成し公開まで気軽にできます。

ただし、無料の場合は、契約した会社の名称が入っているURLになってしまいます。サイトを見てくださるお客様の信用などを考えれば、独自ドメインの方がいいでしょう。

独自のドメインを設定したい場合から、料金が発生するプランが設定されていることが多いようです。

また、運営会社によって、独自ドメインも運営会社内で取得できる場合もあれば、独自ドメインはドメインを購入できる会社で取得して設定する場合もあります。

将来的に、別の運営会社やWordPressにサイトを変更したい場合、移管作業は必要となります。

運営会社内で独自ドメインを購入した場合も移管はできますので、手続きについて確認をしてどの運営会社にするのか参考にしてもいいでしょう。

資金に余裕がある場合

webサイト作成のために使える資金に余裕がある場合は、専門の人に依頼するのも1つの方法です。

自分で勉強をして作成するという方法もありますが、やはり時間がかかってしまいます。

ただし、自分でWordPressなどでwebサイトを作れると、修正や更新作業をその都度専門の人に依頼する必要がありません。

そして、自分でwebサイトを作成できれば、サイト作成ツールを使用するのか、それともWordPressを使用するのかなど、選択の幅が広がるのです。

また、サイト作成ツールを使用する場合でも、HTMLの知識があることで自分で編集しやすくなります。

自分に合ったツールを使ってみよう

自分の商品やスキルを知ってもらう手段として、webサイトは重要なものになります。

しかし、最初から完璧なwebサイトを目指していると、いつまでたっても公開できません。私自身もですが、自分のサイトを『公開すること』が最初の大きなハードルと言えるでしょう。

まずは、ざっくりと作って公開してみてください。公開してみて少しずつ修正をくわえることで、お客様にとって見やすいwebサイトが完成すると思います。

あなたの伝えたいことを待っている人へ伝えるために、使いやすいと感じたツールで発信してみてください。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ