在宅ワーク知恵袋

自治体が地域の交流を後押し!ご近所限定掲示板を使おう!


年度末が近付いて来たこの頃。

息子の学校のPTAも、新入生を迎える準備が始まり、いよいよ役員交代に向けて忙しくなって来ました。

そんな中、次男の保育園の合否について、市から通知が届きました。

この度、我が家は晴れて認可保育園に1歳児での入園が内定したとの事。

ほっと一安心です。

 

まだまだ多い待機児童

2017年度の東京都の待機児童数は、全62市区町村の合計で8,586人。

私が住んでいる東京都三鷹市では、保育所等の待機児童者数が270人。

今年度の東京都でのランキングはワースト11位でした。

2年前まではワースト10入りをしていたというので、少し改善されている様ですが、それでも来年度新規募集もかなりの激戦だった様です。

夫婦ともにフルタイム、兄弟児の在籍が前提条件、とまで聞いていたので、正直我が家は無理ではないかと思っていました。

0歳児では企業内保育園に籍を置き、外勤の他に在宅ワークを始めていたので、加点がかなりついたのかもしれません。

今年度も来年度も、新規で開園した認可保育園や既存の保育園の分園は2〜4園ほど。

受け皿は徐々に拡大しつつありますが、まだまだ待機児童解消には程遠い様です。

 

まとめ

photo by Robert from unsplush

我が家は今回で入園が決まりましたが、入園できなかった結果、仕事を辞めざるを得ないママさん達もたくさんいる事でしょう。

でも誰に相談したらいいのか分からない、そんな悩みをお持ちの方にオススメのサイトがあったので、ご紹介します。

その名も「マチマチ」

マチマチはご近所さんと町の子育て情報やオススメのお店など情報交換ができる、ご近所限定の掲示板です。

ご近所さんに、知りたいこと、困っていることを無料で簡単に質問、相談することができます。

ママ同士が繋がって、気軽に交流出来るので、子育てに迷った時や、オススメの公園情報などを聞いてみるのもいいですね。

文京区や豊島区、水戸市など、自治体と協定を組んでコミュニティの活性化を図っている様です。

自治体が関わってくれている、と思うと安心して利用できますね。

保活のことだけでなく、地域のイベント情報や、オススメの病院の情報など、様々なコンテンツがある様ですので、ぜひ利用してみてください。

マチマチfacebookはこちらから


この記事を書いた人:Yukiko Sakai

酒井友希子と申します。 第1子を出産後、7年間水泳教室の受付業務に携わってきました。 現在は、IBCで在宅ワーカーとしての一歩を踏み出したばかりです。 『在宅ワーカー知恵袋』で、在宅ワーカーとしての経験やこれからのことなど勉強しながら紹介していきたいと思います。

こちらの記事もどうぞ