在宅ワーク知恵袋

難しくてわからない!Webデザインで見かける言葉


Webデザインのことを調べていると、聞きなれない言葉がたくさん出てきます。Webサイトで検索して解説を読んでも、あまり内容が理解できないこともあるかもしれません。今回は、よく見かける「コーディング」について、関係のある言葉も一緒にご説明します。

プログラミングとどう違うの?

「コーディング」と聞いて、プログラミングと同じ意味で捉えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、同じ意味ではありません。

 

Webデザインは、Web上でのデザインを決めます。そしてデザインが決まったら、インターネット上で見られるように、HTMLやCSSでコーディングを行います。

 

つまり、HTMLやCSSという言語を使って、Web上で見られるように言語を組み立てていく作業をします。この作業が「コーディング」です。

 

次に、プログラミングについてですが、プログラミングとは、システム環境の構築のことを言います。JavaScriptやRubyなどの様々な言語を使って、システムが動くように、必要な言語を選びながら組み立てていきます。

 

例えば、ロボットが歩けるようにするといった、動作ができるように中身(システム)を設定することです。

コーディングでできること

「コーディング」とプログラミングの違いについて、簡単にご説明しました。では、具体的に「コーディング」を行うと何ができるのでしょうか?もう少し詳しく見ていきましょう。

 

コーディングは、でき上がったデザインを、Web上で見られるようにHTMLやCSSを使って表現することです。

 

HTMLは、文章や画像などの情報を記載します。そして、CSSで、色や大きさ、配置などを調整して、デザイン通りにWeb上で公開できるようにします。

 

求人で見かける「コーダー」は、コーディングの仕事のことを専門にする人です。

 

現在は、HTMLやCSSを詳しく知らなくても、簡単にWebサイトを作成できるソフトもあります。しかし、円滑にサイト運営できるようになるためには、コーディングの知識やスキルは必要です。

聞きなれないマークアップ

Webデザインで調べるときによく見る、「コーディング」についてご説明しました。他にもう一つ「マークアップ」という言葉も見たことがあるのではないでしょうか?

 

「マークアップ」はコーディングの作業の中に含まれる作業の一つです。

 

「マークアップ」はどういうときに行うかというと、例えば、ブログで使う「見出し」をつけることです。見出しで使う<h1>や<h2>だと見たことがあるかもしれません。

 

<h1>や<h2>のことを「タグ」と言いますが、タグをつけていくことで、目印となり文章の構造をコンピューターが理解できます。

 

また、リンクや改行のタグを書いたりと、文章の構成を分かりやすく整理するために行います。つまり、文章を構造化しコンピューターが分かるようにするためにつける目印が、「マークアップ」です。

まとめ

プログラミングとの違いやコーディング、そしてマークアップについてご紹介しました。

 

特に、プログラミングとコーディングは混乱している方が多いかもしれません。慣れないうちは、調べても頭に入らないかもしれませんが、繰り返し調べていくことで、言葉にも慣れていきます。

 

分からなければすぐに調べることを繰り返すことで、Webデザインがもっと身近に感じられるかもしれません。

 


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ