在宅ワーク知恵袋

AIに仕事を奪われるかも…。と不安なあなたに必要な仕事のヒント


今、私たちの仕事のほとんどがAIによりなくなると聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。では、どんな仕事が残っていくのか?と不安になる方もいるかもしれません。今回は、そんな未来の仕事の不安を払拭してくれた本をご紹介します。「これからどんな仕事をしたらいいのか?」あなたにとってのヒントが見つかると思います。

これからなくなる仕事とは?

AIによって、現在ある仕事のほとんどが無くなると聞くようになり、不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

リンク先の記事を見ていただくとわかりますが、事務や金融機関、そして行政の仕事など、多くの人が従事している仕事が無くなる仕事に入っています。

この話が現実になれば、今の子供達が大人になったとき、私たちが知っている仕事はほとんどなくなっているのかもしれません。

どうしても「仕事が無くなる」ということだけに注目してしまいがちですが、人口が減少する中で機械化は避けられないでしょう。

では、これからどうしたらいいのか?

未来の仕事へのヒントをくれるのが今回ご紹介する本は、堀江貴文さんと落合陽一さんの『10年後の仕事図鑑』です。

未来の仕事はどんな仕事?

10年後の仕事図鑑』にも、無くなる仕事が具体的に書かれています。

しかし、この本で堀江さんが言っていることは10年後なくなる仕事は、本当になくなっているかどうかはわからないこと。だからこそ、没頭できるほど自分の好きなことをやってみることの大切さを教えてくれます。

また、落合陽一さんは「好きなことをしてみよう」と言ってもわからないという人は、まず晩御飯を決めること。つまり、自分で決めることを練習することが大事だということを教えてくれます。

また、最初から収支を考えずに、没頭できる好きなことを1つではなく3つくらい掛け合わせてやること。そうすることで、激変する世の中でも「あなたしかできない仕事」ができるようになるというのです。

「あなたしかできない仕事」の必要性は、著名な方のセミナーや書籍で目にする機会は増えてきました。また、『できることを掛け合わせることで、新しいことを生み出すことが大事だ』ということも、強調されています。

未来を見据えながら

今回ご紹介した本からもですが、好きなこと、面白いと感じることをやっていくこと。それが、いつの間にか仕事になっていく時代がきているのだと実感します。

「嫌だな」と感じながら耐えて仕事をするよりも、好きなことを試していくことの方が、心身ともに健康になるのかもしれません。

また、好きな仕事が無くなるだろうと言われている仕事であったとしても、「あなただから」というプラスが付け加えられることで、もっと仕事が面白くなるのではないでしょうか。

「仕事は辛いのが当たり前。でも、好きなことがわからない」と不安になっている方にはオススメの1冊です。


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ