在宅ワーク知恵袋

ITスキルを使った在宅ワーク


在宅ワークではITスキルが重要

在宅ワークは多くの仕事内容があり、ライティングやデータ入力、テープ起こしなどがメジャーです。

 

しかし、こういった仕事は案件あたりの単価が安かったり、十分な仕事量がなく安定して収入を得ることが難しいというデメリットがあります。

 

しかし、特定のスキルを持っていれば十分な金額を安定して稼ぐことが可能なのです。

 

そのスキルには外国語力や取材力などが挙げられますが、在宅ワークにおいて需要が大きいのはITスキルです。

 

どんな仕事につながる?

 

ITスキルを持っていることで受注できる在宅ワークにはDTPやシステム開発、Web制作などがあります。

 

どれも専門知識と技術が求められ、誰にでも出来る仕事ではないため単価が高いのです。

 

DTP

DTPはデスクトップパブリッシングの略で、テキストや写真といった素材を使って求められる形式のデータとして入稿する仕事です。

 

印刷に関する知識やイラスト系のアプリケーションを使いこなせる技術が必要になります。

 

システム開発

また、システム開発は企業が社内で使ったり社外に販売するシステムの開発を代行する仕事です。

 

プログラミングスキルはもちろん、企業が求めるシステムを理解するためのコミュニケーション能力も求められます。

 

また、発注する企業としては実力があることが分かっている人に依頼をしたいので、コネクションが必要になる場合もあります。

 

Web制作

Web制作は企業や個人のウェブサイト制作を代行します。

 

要望に合わせたサイト構成やデザインにするためコミュニケーション能力とデザインセンスが必要になることはもちろん、HTMLやJavascriptを使えるだけでなく素材を自分で作成しなければならない場合もあるなど総合的なITスキルがなければ行えない仕事です。


この記事を書いた人:IBC

ITブートキャンプ運営事務局です。 随時ブログを更新していきます。

こちらの記事もどうぞ