在宅ワーク知恵袋

IT関係の在宅ワークをするには


最初の一歩は登録から

出典:https://static.pexels.com/photos/461073/pexels-photo-461073.jpeg

IT関係のスキルや実績を持っていて、何らかの事情で通勤するのが難しい方は在宅ワークをしてみてはいかがでしょうか。

在宅ワークをする方法としては、IT系の在宅ワーカーを募集している会社に登録するだけですので簡単です。

IT系にも様々なジャンルがありますので、得意分野や専門分野などについては面接や登録の際にアピールしておくとスキルを存分に発揮することが出来る仕事をもらえる確率が増えます。

 

自分のペースでできるのが『在宅ワーク』

出典:https://static.pexels.com/photos/316465/pexels-photo-316465.jpeg

IT系の在宅ワーカーは非常に多く、子育て中の女性も多く登録しています。

小さい子どもを育てながら正社員で働くことは難しくても、在宅ワークなら空いた時間に仕事をこなすことが出来ますし、仕事に復帰する時のアピールポイントにもなりますので、ブランクがあくのが不安と考えている人にも最適です。

 

在宅ワークの始め方

在宅ワークを取り扱っている業者は非常に多いですが、報酬のシステムや仕事の単価などはクライアントによっても異なりますし、登録する業者によっても異なります。

多くの在宅ワーカーは複数の業者に登録しており、リスクを分散させる傾向にあります。

仕事の内容や実績が認められるとクライアントから直接多くの仕事をもらうことが出来る機会も増えてきます。

その場合は在宅ワークをするために登録している業者を通さずに、直接のやり取りをすることでクライアントにも仕事をする側にもマージンがかからないメリットがあります。

 

空いた時間を有効につかえるのが強み

出典:https://static.pexels.com/photos/265129/pexels-photo-265129.jpeg

在宅ワークは好きな時に仕事をすることが出来るため、子育て世代や家族の介護をしている方にも人気です。

仕事のやり取りもメールなどインターネット経由でのやり取りのみで済ませられるクライアントも多くありますので、家でITの知識を生かした仕事をしたいと考えている方にはおすすめです。

 


この記事を書いた人:Yukiyo Takahashi

webデザインコース卒業生の高橋幸代です。2人の不登校の子供達と自分達にあった生活をするため、公務員から在宅ワーカーへキャリアチェンジしました。私のミッションは、『ICTを使えば時間と場所に関係なく、学びも仕事もできることを発信すること』です。 『在宅ワーク知恵袋』では、私と子供達の生活の中で、日々、試行錯誤しながら気づいたことも発信していきます!

こちらの記事もどうぞ